「Square」と「Airペイ」の違いは?

個人でネイルサロンやエステ、美容院や治療院を開業している人、これから開業する人にとってクレジットカード決済は売り上げに関係する重要なものだと思います。

個人だと手数料の違いって大きいですし。

 

私が比較検討して現在利用している「Square」と「Airペイ」を紹介します。

  Square Airペイ
VISA 3.25% 3.24%
Master 3.25% 3.24%
アメックス 3.25% 3.24%
Discover 3.25% 3.74%
Diners 3.25% 3.74%
JCB 3.95% 3.74%
交通系電子マネー 3.24%
「iD」「QUICPay」「Apple Pay」 3.74%
振込手数料 0円 0円
月額固定費 0円 0円
振込スケジュール 三井住友銀行とみずほ銀行は翌営業日、その他の金融機関は毎週金曜日 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の振込口座が月6回、その他金融機関は月3回、ゆうちょ銀行不可
カードリーダー 4,980円(税込)キャンペーン中はキャッシュバック 19,800円(税込)実質0円
対応機器 iPhone、iPad、Android端末OK Andloid端末では使えない

決済手数料は若干「Airペイ」のほうが安くなっています。

「Square」アメリカ生まれのサービスです。CEO兼会長はTwitterのCEOもやっています。アメリカのStarbucksは「Square」のシステムを採用しています。

「Airペイ」はまだ新しいサービスですが、リクルートがプロデュースしています。

どちらの会社もしっかりしているので安心感がありました。

 

カードリーダーは?

 

「Square」がダントツでいいです! イヤホンジャックに差し込んで専用のアプリを立ち上げるだけ。

「Airペイ」も簡単ですが、はっきり言ってカッコ悪いです。

 

カードリーダーのバッテリーは?

「Square」はメチャクチャ長く持ちます。「Airペイ」は使いかたかもしれませんが「Square」と比較にならないほど短いです。

 

決済方法は?

「Airペイ」は10キーが付いているので「暗号パスワード認証」が使えます。

 

「Square」は画面に指でサインをしてもらう必要があります。

お客様も「へー珍しい」「面白い!」と楽しんでサインしてくれます。

 

個人サロンでもクレジットカード決済は導入したほうがいい理由

開業当初は「Square」などのスマホやタブレット端末を使ったカード決済システムが無く、代行会社を検討しました。しかし、手数料が5%以上や、初期費用プラス月額固定費などを考えると高すぎてあきらめました。

その後、「Square」と「楽天ペイ」というサービスを利用していましたが「Square」がJCBカード対応になったので楽天ペイはやめました。

楽天ペイは、楽天銀行以外の振込手数料が210円も毎回取られるのでバカらしいでほとんど使わなかったです。

今思うと、固定費のかかるカード決済を契約していたらムダな経費が相当かかっていたと思います。

スマホを持っているのに「Square」や「Airペイ」使っていない人はかなりもったいないです。売り上げで10万以上は変わってきます!

 

あなたはこんな経験ありませんか?

「財布にクレジットカードがあったので思わず衝動買いをしてしまった。」

そうなんです。高額商品は現金よりクレジットカードのほうが絶対売れます。

私の整体院でも30,800円の高額商品やサービスの約85%はクレジットカードで購入されています。

施術時間などを変更せずに売り上げをUPするには、サプリメントなどの購買品を買っていただくことが必要です。

おかげさまで簡単に売り上げがUPしました。

そのためにもクレジットカード対応が必要になります。

スマホがあればクレジットカード決済が可能なので、出張サービスの人やフリマに出店する人も使えます。今ならキャンペーン中なので初期費用0円で手に入れられるので今のうちにGETしておきましょう。

 

オススメは「Square」です。JCBカードにも対応したのでこれがあれば間違いないです。

▼今ならキャンペーン中で4,980円のリーダーが無料▼

 

クレジットカードは持っていない人でもだいたい持っているSuicaなどの鉄道系カードにも対応したい人は、「Airペイ」がいいでしょう!

▼「Airペイ」初期費用実質無料キャンペーン中▼

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

コメント