アナトミー・トレインの浅後線と足太陽経筋はほぼ同じ。鍼灸で使うなら覚えやすいものでいいじゃないか

アナトミー・トレイン浅後線

足太陽経筋は黄帝内経霊枢、經筋第十三.に記載されていますね。 アナトミー・トレインとは、1990年、イギリスのトム・マイヤーズが提唱しました。体中に張り巡らされた筋・筋膜の網を通して、姿勢や動作の安定がどのように得られて ‥‥

続きを読む

鍼灸で膝治療をしたいなら患部は使うな!股関節の内外旋がポイントになってくる

膝関節鍼灸治療

膝関節・・知っていますよね。 当たり前ですが、下肢の関節です。下肢の介在関節として大腿と下腿を連結してくれています。   鍼灸院には膝の痛みを訴える患者さんが多く来院しますね。鍼灸治療で、膝周辺に鍼やお灸やって ‥‥

続きを読む

気血津液より気津液血がイイ5つの理由、並び替えるだけで臨床力がアップします

気血津液

気血津液は東洋医学の場合、生体を作っているものと言われています。 この気と血と津液、機能的に並び替えてみませんか? 気と津液と血のそれぞれの役割や機能を理解する 気は生命活動のエネルギーのようなもので機能としての現象を生 ‥‥

続きを読む

赤い色は心に関係、鍼灸治療に活かすキーワード「酸素」と「炎症」

赤心

自然界における赤色を考えれると、炎だったり、太陽だったり、美味しい熟した果実や、肉の色。 まあイメージ通り「熱感」や「勢い」を感じるのが赤い色です。 心と関係する赤色は心のもつ機能と同じ 自然界の中で炎や太陽(見た目は赤 ‥‥

続きを読む

肺と関係する白色、鍼灸治療では血の不足や冷えを表す。

肺白五色

白といえば、清純なイメージ、冷たいイメージがあります。東洋医学で白といえば肺と関係してきます。 五色の白は自然界だと冷たい性質を示す 寒い中で息を「ハーッ」とすると白い息になりますね。 窓ガラスやグラスが冷気や冷水によっ ‥‥

続きを読む

肝は木、青色に関係し、木は紺碧の空を目指す鍼灸治療では望診は使えない?

五行肝青

五行で肝というと青と関連しています。青というイメージを広げた方が肝との関わりが深くなります。 肝と青と木々の色 肝が示す性質は木 木が目指す先には空 空には紺碧の青が広がる 青は空一面に広がる光の乱反射によって生じる色 ‥‥

続きを読む

3つの黄色を呈する病態、熱が極まる前の色が黄色、脾土と鍼灸との関係は

脾土黄色

五行論で黄色といえば、土、脾に関係すると学校で教わりましたね。 今回は黄色に関してです。 脾と黄色の関係、黄色はそこそこ熱の色 胃は水穀を受納し、胃の熱によって腐熟 胃は水穀と熱、陰と陽を含んで機能します。 脾は燥を好み ‥‥

続きを読む