脈診が苦手な人に。変化がわかればそれでいい。その変化を実感する方法

寸関尺と臓腑

WordPressテンプレートと有名な『TCD』が第1世代No1テンプレートを期間限定で無料配布中
\完全無料でダウンロードできます/

ダウンロードはこちらをクリック

灸学校時代、後輩たちからよく聞かれる質問のうち、1位2位を独占する1つが「脈診が解らない」では無いでしょうか?

卒業してからも、勉強会などでよーく聞かれる質問です。

 

脈診を臨床で取り入れていますか?

 

わたしの卒業した学校「東洋鍼灸専門学校」では、みんな脈診を習います。

おそらく、他の学校よりかなり時間をかけて教わるのでは無いでしょうか。

はっきり言って、「わかったつもり」でみんな診ています(笑)

だけど、まずこれでイイんです!
まずはカタチから入る。これってすごい重要ですよ。

 

じゃあこれから脈診しますね

 

脈診なんてわからない。

 

鍼灸学生時代は脈診なんて当たり前におこなう、診断の1つと思っていました。

 

が、しかし、卒業して他校を卒業した鍼灸師や、他校在学中の鍼灸学生さんと交流を持つと、脈診しない人の方が多い印象があります。

 

なぜ、脈診をしないのでしょうか?色々考えられると思います。

脈診なんてウソくさいわ

1、脈診を習った覚えが無い。

学校教育の弊害ですね。国家試験に合格するだけなら、六部定位脈診・右の寸が肺などを記憶するだけで良いでしょう。

 

と、なってしまうのかもしれません。

 

教わる先生によって脈診に触れる機会が無いのはとても残念ですよね。

新設校が増え続け、講師や教員の数が減っている現状で、上手に脈診を教える先生が減っているのかもしれません。

 

2、脈診を習ったが非科学的なのでやりたくない

たしかにそうですね。非科学的な感じがします。そして脈診推しの先生は、「脈診で何でもわかる」と豪語する人もいます。

 

後輩の鍼灸師の親族が脈診に殺されました。

在学中に教わっていた外部からの特別講師は、「脈診で何でもわかる」ような事を言っていたそうです。

そして本人と親族の方が、講師の鍼灸院に通い出しました。
しかし、親族の背中の痛みはなかなか改善されず通院していたある時。

末期のガンが判明。

「脈診で何でもわかるというなら、なぜ末期のガンが解らなかったのか」

と、親族が亡くなった今でも後悔しているそうです。

 

コールドリーディングってご存知ですか?

コールド・リーディングは、詐欺師・宗教家・占い師・霊能者・手品師などが、相手に自分の言うことを信じさせる時に用いる話術である。コールドリーダーは相手の外観に対する注意深い観察と、コールド・リーディング特有の話術によって、いくらでも相手の情報を掴むことができるのである。対象者への観察力や会話の説得力、相手に与える安心感・信頼感…などが必要であり、高い技術と経験が必要になる。

ウィキペディア コールドリーディング

 

決して悪い事では無いのですが、詐欺師や占い師や霊能者がつかう話術で、悪用している人もいます。

鍼灸師も意識的?無意識的にコールドリーディングを利用して、脈診をしている方もいると思います。

 

だから「脈診は信じられない」と、思う鍼灸師や鍼灸学生も多いでしょう。

 

3、脈診をやっていたが変化がわからない。自分に才能が無い。

 

努力したけど、解らない。

 

こういう鍼灸師や鍼灸学生さんが一番多いのでは?

あきらめないでください。変化はきっとわかります。

脈診の勉強法

まずは難しく考えずに、自分の脈をしっかり診よう。

朝起きた時

一番基準になると思います。脈の早さや、浮いているか沈んでいるか、硬いか柔らかいか。
まずは自分が基準になるので自分の「平」を確認しよう。

 

トイレで大便をしている時

便秘でいきんでいる時や、下痢の時などあきらかに便が出る前後で脈は変わります。

う~ん、そろそろ出そう。おっ!脈が変わった

ストレスを感じた時

日々ストレスを感じていると、いつも硬く感じるかもしれません。それでも、朝起きた時と脈の感じが違うはずです。

 

驚いた時

気が乱れるといわれているので、ドクンドクンと脈うつ感じがあるでしょう。

 

お腹が空いた時

気が不足して弱く感じるでしょう。

 

お腹が満腹の時

気が充実して強く感じるでしょう。お酒も入るとさらに強く感じるでしょう。

 

6つの脈を考えよう

関連記事

脈診の基礎は平脈から、8つの分類分けで平脈をマスターしよう
脈の知識は色々ある診断のツールの1つ(←これ重要です。)として使えます。病脈はもともと正常な脈(平脈)からの変化ですので、病脈を知るにはまず平脈を知らなければなりません。病んでいる脈(弦脈や遅脈など)はもともとは正常な脈からの変化なので、脈診の基礎として平脈を勉強しないとダメです
脈診、舌診が苦手なダメダメ鍼灸師がわずか数分で完璧な理論で鍼灸治療できたワケとは
読者のみなさんは、鍼灸師だったり、鍼灸学生さん、または治療にたずさわるお仕事の方が多いでしょう。 脈診(主に手首の脈を診る)や舌診(舌の苔や色を診る)が苦手で、けっきょく局所治療になっていませんか? 体の傾きやねじれを確認するだけで、治...
心に関係する舌診と脈診、脈診の上達法はざっくり診ることから始める
心の診断にも脈診や舌診が利用されます。 心は舌に開竅しています、舌は心の苗 舌には血流が豊富なので、心の状態が反映されやすい。 舌の動きは言葉と関係しています。心の知能や言語と関わる機能との関係から、心の状態が舌の動きに反映されま...

 

浮脈(ふみゃく)…軽く指を当てて触れられるが強く押してしまうと消えてしまう脈。

 

沈脈(ちんみゃく)…軽く触れても感じないが強く押すと感じる沈んだ脈。

 

数脈(さくみゃく)…一呼吸に六拍以上の早い脈。※

 

遅脈(ちみゃく)…一呼吸に三拍以下の遅い脈。※

※まずは、早いか遅いかで良いと思います。

 

虚脈(きょみゃく)…浅い所も深い所も触って力弱く感じる脈。

 

実脈(じつみゃく)…浅い所も深い所も触って力強く感じる脈。


軽取得、重按不空、表証、虚証


軽取不応、重按始得、里証


脈来遅慢、一息三至、多主寒証、亦主熱証


一息六至、脈来急促、熱証和虚証


擧之浮大遅軟、按之空虚、虚証


脈体寛大而長、充実有力、擧按皆然、主實証

 

脈の診方も、最近は両手で診るのが一般的?になってきているかもしれません。

だけど、片手で十分です。

脈はあくまでも診断材料の1つ。変化のわかりやすい1つのツールでしかありません。考えすぎは必ず主観が入って誤診しますよ。

コメント