無料お試し登録で5つの特典もあり

あらゆる鍼灸院・整体院で結果が出るLINEマーケティングを学び、
そして実践できる「LMC無料オンラインプログラムがはじまります。

詳細はこちらをクリック

あなたは自分に似ている人と似ていない人、どっちが信頼できますか?

鍼灸院にはじめて来院する患者さんは、かなりドキドキしているはずです。

それは鍼灸を経験した友人や知人が少ない為、情報が不足しているからでしょう。

だからこそ、友人や知人の紹介で来院される方が増えるのは当然ですね。

18352592465_a793b54771_z

http://Mirror mirror | Flickr – Photo Sharing!

鍼灸院はブラックボックスだと思ってください

歯科治療なら、自分自身に経験が無くても、親や兄弟、友人知人の中に1人は経験者はいるでしょう。

 

しかし、鍼灸治療になると極端に減ってしまいます。

医の中の鍼灸師、大海を知らず。 鍼灸の利用率と鍼灸の市場規模について

だから情報発信する力が求められますよ。

 

初診患者さんはいつも緊張しています

初対面の人でも、いつもすぐ仲良くなれる!

たまにそういう人いますね。こういう方は本当に羨ましいです。

 

だけど、みんながみんなそうだと限りません。
ほとんどの鍼灸師、鍼灸学生さんは、初対面は緊張するのが普通でしょう。

 

直接肌に触れる職業NO1

鍼灸治療は、整骨院や整体院、カイロなどと比べて肌に直接触れる機会が多い治療です。

エステティシャンに比べると少ないと思いますが。。

 

直接肌に触れる=だからこそ、患者さんも緊張しています。

 

以前、知人の女性が通っていた鍼灸院は、下着姿になって施術をしていたそうです。

鍼灸師が男性で、盲人の先生だったそうですが、かなり抵抗があったと聞きました。

 

当然ですよね、若い女性なら特にそうでしょう。異性を相手に施術する時は、服装にも注意が必要ですよ。

 

患者さんの緊張をやわらげるテクニック

どんな人となら、仲良くなれそうですか?

趣味が一緒

出身地が一緒

 

などなど

 

恋愛でも一緒かもしれませんが、「なんとなく気が合う」「話しやすい」「一緒に居てなんか落ち着く」といった 印象を相手に与える事ができると良くないですか?

こういう手法をミラーリングといいます。

好感を寄せている相手の仕草や動作を無意識のうちに鏡(ミラー)のように真似てしまう事。

自分の仕草や動作を真似する相手に対して好感を抱く事。

脳が無意識に「おや、この人は自分に似ている。それなら安心だ」と感じ相手に親しみを持つようになるのです。

 

臨床経験の長い鍼灸師の先生は、無意識に実行されているかもしれません。

 

余裕の無い先生だと、頭の中で五行色体表がグルグル回って、相手の特徴や仕草をマネるとこまで気が回りません。

 

問診も大事ですが、まずは患者さんの行動パターンや言葉を調べましょう。

 

地元で開業している方はわからないかもしれませんが、東京で開業していると、出身地が色々な方が来院されます。

 

僕が関西人なので、関西圏のイントネーションには、ビビっとアンテナが働きます。

同じ出身県だったりするとかなりテンション上がりますよ。

 

まとめ

鍼灸院はブラックボックス。情報を発信しましょう。

患者さんの不安を減らす工夫。服装など考えてみましょう。

ミラーリングを利用して、患者さんとの距離を縮めていきましょう。

コメント