無料お試し登録で5つの特典もあり

あらゆる鍼灸院・整体院で結果が出るLINEマーケティングを学び、
そして実践できる「LMC無料オンラインプログラムがはじまります。

詳細はこちらをクリック

LINE@で整体院への集客増加!3つの作戦と治療院で向いている3つの理由

LINE公式アカウント

LINE@(LINE公式アカウント)を治療院の集客ツールとして導入しようと思っても、なんとなくむずかしいと感じますよね。だけど簡単ですよ。

具体的な設定やテクニックがわからず導入を先送りにしていませんか? そこで今回は、治療院がLINE@(LINE公式アカウント)を導入してするべき3つの作戦やLINE@(LINE公式アカウント)導入のメリットや注意点を紹介します。

※LINE@は2019年4月18日にLINE公式アカウントに統合されました。まだまだLINE@というほうが馴染み深いので、両方表記しています。

LINE@(LINE公式アカウント)はスマホだけじゃなくパソコンでも見ることができます

スマホだけでメッセージを作るのは結構大変。うまくLINE@(LINE公式アカウント)を活用しているお店はパソコンで文章を作成しています。

パソコン用のアプリをダウンロードする

https://line.me/ja/download

Windows MAC両方あります。

設定は簡単。

スマホで使っているLINEのメールアドレスとパスワードを入力

これだけです。

 

LINE公式アカウントとLINE@の違い

そもそもLINE公式アカウントとは、普段使っているアプリ「LINE(ライン)」上で企業や店舗がアカウントを作成し、ユーザーへ直接情報を届けられるサービスです。

LINE@とは、2019年4月18日から中小企業・店舗向けのサービスとして提供していましたが、「LINE公式アカウント」へ統合。

LINE@アカウントは2020年1月14日までに手続きをしなかった場合、LINE公式アカウントへ強制移行されています。

昔からLINE公式アカウントはありました。2019年4月18日にLINE@(LINE公式アカウント)と統合さています。

なぜ今、LINE公式アカウントで集客するか

情報伝達力が違います。

LINEのアプリは多くのユーザーに生活の一部として当たり前のように使用しています。そこへLINEのトーク画面に直接メッセージを送ることが可能なので、あらゆる整体院やサロンをはじめ、店舗ビジネスだけではなく、他業種のビジネスで売上げUPに繋げることができます。

利用者数 8000万人以上(2019年3月末時点)
メール:約7500万人(ネット人口1億人強の74%が利用)
利用者世代 40代・50代以上のみで51.8%の人が利用
男女比 男性:女性=47.3%:52.8%
利用目的 プライベートと仕事の両方
開封率 60%以上
アクティブ率 86%(6880万人が毎日使っている)
利用時間 1日1時間以上の利用

LINE@を治療院に導入してやっておく3つの作戦

  1. ホームページにLINE@の登録リンクを貼る
  2. ニュースレターやお手紙にQRコードを貼る
  3. 店内にチラシを貼ってLINE@への登録をお願いする

 

LINE@が治療院に向いている3つの理由

LINE@は治療院のようなスモールビジネスはもちろん大きな企業で店舗をもたないIT系のビジネスにも向いています。

しかし、治療院の集客ツールに最高です。

1.0円からでも始められて、課金なしで継続してツールを使える

ホームページを作ってもドメイン代やサーバー代などかかります。だけどLINE@(LINE公式アカウント)は無料のLINEアプリさえあればOK!

ゼロからはじめるのに設備や設定のコストが本当に低いです。

LINE@の料金プランは3つありますが、集客の手応えを感じたらベーシックコースがおすすめです。

 

2.先生が患者さんと密接に関わることが可能

ニュースレターやメルマガを発信している治療院もあると思います。ニュースレターはシニアの患者さんには喜ばれますが、スマホ世代は面倒と思う人もちらほら。

LINE@(LINE公式アカウント)ならスマホをもつほとんどの人がインストールしているのでLINEで患者さんとつながれば、手軽にメッセージを送ることが可能。

一度に配信もできますし、リアルタイムで1対1でのコミュニケーションもとれます。

マーケティングで必要な単純接触効果(ザイオンス効果)が強力におこなうことができます。

ザイオンス効果を使って患者さんとの関係構築をアップしよう

https://www.prohari.com/%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C

 

3.開封率が高い!

LINE@(LINE公式アカウント)に似ている昔からあるメルマガ配信と比べると開封率が格段に高いです。

あるカフェの場合、メルマガ開封率が3%だったものが、LINE@(LINE公式アカウント)だと50%まで開封率が高くなりました。

気合を入れて文章を作成しても読んでもらえないと意味がありません。

メルマガの場合、HTMLなら別ですが、基本的にはテキストのみです。

だけど、LINE@(LINE公式アカウント)ならテキストはもちろん画像やスタンプも送れるので、先生の個性を出すことが簡単にできます。

治療院にはメルマガは必要か?メルマガの仕組みから始め方まで解説

治療院にはメルマガは必要か?メルマガの仕組みから始め方まで解説
メールマガジンとはメール宛てに、登録してくれたユーザーに定期的に届ける、雑誌です。肩こりや腰痛など緊急性が高い施術をメインにしている→どちらでも良い。美容やエステなど長期的に通う施術、高額な施術→メルマガをやった方が良い。メルマガで大切なのは関係づくりです

 

LINE@を効果的に配信するコツ

新規の見込み客向け

ホームページやSNSでLINE@(LINE公式アカウント)の告知をしましょう。ただ、「友達になってください」といっても、怪しまれるだけ。まずは、メリットを提供しましょう。

1.割引やプレゼントクーポン配布!

LINE@限定のクーポンやプレゼントを配信しましょう。登録すればその場で使えるものが人気です。

 

2.友達紹介で割引

すでに友達になっている患者さんからの紹介で友だちを増やせます。1人が1人を紹介してくれるだけでも、費用対効果バツグンです。

このときは、紹介してくれた患者さんにもクーポンを配布してあげましょう。

 

リピート患者さん向け

定期的なメッセージを配信することでつながりをもちましょう。

1.電話番号は半角数字を入れる

スマホの場合、電話番号は半角にして入力しておくと、タップで電話をかけることができます。スマホで電話番号をコピーして貼り付ける作業はかなり面倒なので、入力時は気をつけましょう。

 

2.臨時休診など緊急性の高い情報を配信する

ひとり治療院の先生だと、家族の急病などどうしても休みをとらなければいけないときもありますよね。

そんなときは、LINE@(LINE公式アカウント)で休診のお知らせを配信できます。

LINE@では画像を送ることもできるので、パソコンやスマホが苦手な先生でも画像として送ることもできますよ。

 

3.キャンペーンのチラシを画像で配信

治療院でキャンペーンをおこなうとき、ニュースレターやお手紙で送るしかありませんでした。それをLINE@(LINE公式アカウント)で送れば簡単!

たとえば、雨の日キャンペーンなど急きょ思いついたものも可能です。

テキストより画像で送るほうが集客しやすいです。

 

4.タイミングも重要

治療院ならお昼ごろや週末など、「疲れた」という人が増えるタイミングがよいでしょう。

患者さんから事前にリサーチしておくのがよいでしょう。

土日に来院数が多いなら、その前のタイミングを狙ったり、逆にアイドリングタイムをなんとかしたいなら、主婦層やシニア層など時間の融通がきく人向けにクーポンをつけてもよいでしょう。

 

治療院でのLINE@の注意点

治療院でLINE@を活用するときの注意事項を伝えておきます。知らずにやっているとアカウント停止もあるので注意しましょう。

1.お店のLINE@アカウントで、他店の商品や広告宣伝は禁止

14. 禁止行為    

14.6. LINE@を第三者のための広告媒体として使用する行為(第三者の商品、サービスをLINE@を利用して宣伝することを含みますが、これに限りません)

引用:LINE@(LINE公式アカウント) 利用規約|LINE

よかれと思って、知り合いの先生が開業したから宣伝してあげよう。または、付き合いのある業者が新製品を発表したので宣伝してあげよう。

これは、第三者を紹介している行為なので禁止です。

 

2.LINEのロゴを安易に使わない

ロゴはLINE社が提供するものをそのまま使用しましょう。デザインセンスがあるからと、色を変えたり形を変えたりするのは禁止です。

 

まとめ

とりあえずLINE@(LINE公式アカウント)は簡単に扱える集客ツールです。まずはやってみてトライアンドエラーで配信していきましょう。

ファンがいる先生なら、さらに濃い付き合いができるようになりますよ。

そのほかの設定などは公式サイトをみておきましょう。

http://manual-at.line.me/

無料お試し登録で5つの特典もあり
あらゆる鍼灸院・整体院で結果が出るLINEマーケティングを学び、 そして実践できる「LMC無料オンラインプログラムがはじまります。
スポンサーリンク
マーケティング
スポンサーリンク
治療院ネット集客『ぷろはりどっとこむ』

コメント