【あはき師むけ】自賠責保険で鍼灸治療をおこなう方法

自賠責保険をはりきゅうで

生の鍼灸院での収入の柱はいくつありますか?

  • 自費治療
  • 保険治療

ほとんどこの2つですよね。
収入の柱にしたい、自賠責保険を使った治療を積極的に活用していますか?

  • 全く使っていない
  • 使った事があるが、損保会社からの連絡がウザくてやっていない
  • そもそも病院や整骨院しかできないと思っていた

鍼灸治療も自賠責保険を使用しての施術は可能なんですが、現実的には難しくなってきています。

整骨院がバシバシやっている交通事故治療はそれだけ魅力があるということです。

今回は、自賠責保険を活用することで得られるメリットとデメリットをお伝えします。

自賠責保険の鍼灸治療で収入の柱をもう一本増やしましょう

ムチウチは鍼灸の得意分野ですよね。先生も得意にしていますか?
交通事故の治療は、確実に売上はアップして、臨床経験も積めます。なおかつ患者さんも整骨院のように毎日通う必要も無く、短期間で治癒できるのでWin-Win以上の関係が100%成立します。

こんな流れで自賠責の鍼灸治療を伝えていませんか?ダメダメ例

◯☓鍼灸院の交通事故治療について

交通事故による外傷には、ムチウチ症、腰痛、上肢・下肢の痛み、しびれ、頭痛など後遺症として症状が出てくるものもあります。また、倦怠感、吐き気、精神症状(不眠)を伴うケースもあります。こういった症状に鍼灸治療はとても効果的です。
 
◯☓鍼灸院では、交通事故による自賠責保険(交通事故保険)での鍼灸治療は、患者さんの治療費用の負担はありません。病院との併用治療も認められています。
  
交通事故外傷による辛い症状でお困りの方、牽引や電気治療でなかなかよくならない方はご相談ください。

自賠責保険適用までの流れ

まずは◯☓鍼灸院に治療を受けたいとお電話ください。
   
患者さんご本人から損保会社の担当者に「鍼灸院で鍼灸治療を受けたい」とのご希望をお伝えください。
   
損保会社の担当者より◯☓鍼灸院へ連絡があり、詳細の確認がとれましたら、患者さんの治療費用の負担なしで、鍼灸治療を開始させていただきます。

これって普通に感じますか?
それとも、「こりゃアカンわ」って感じますか?

私の考えは「こりゃアカンわ」の方です。

損害保険会社の担当者は「針治療は認められない」って言ってきます

こういう悩みをもっている一般の方がいます。

頚椎捻挫に伴う、腕のしびれや肘の痛みがあまりにひどいため、鍼治療を希望したのですが、保険会社より、鍼治療は対象外ですと言われました。教えてgoo

これが現実です。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、鍼灸治療が可能なのは学校でも習いましたよね。
だけど、鍼灸師だから知っている内容です。

一般の方は、交通事故の外傷を治療する時の選択肢に、鍼灸治療はまずありません。
友人・知人に、「鍼灸治療っていいよ」と聞いても損保会社に「鍼灸治療は認められない」そう言われたら病院か整骨院に通院するでしょう。

損保会社はなぜか整骨院・接骨院には理解を示しますが、鍼灸による交通事故治療を認めたがらないです。

自賠責保険を鍼灸院で扱う大きな壁

強制傷害保険の上限(ケガによる上限額)は120万円までです。
損保会社は120万円に抑えたい考えがあるようです。

自賠責保険を請求した人の9割は任意保険にも加入しています。任意保険を扱う損保会社が自賠責保険と一括して事故調査をし、自賠責保険と任意保険の合計額を患者側に支払います。そのうえで、いったん会社が立替えた自賠責の支払分を自賠責保険に請求する仕組みです。そうすると、損保会社は、患者側に支払う保険金が自賠責の限度額120万円を超えなければ、会社の懐が痛まない訳です。上田たかゆき活動報告

どうやら、こういうカラクリがあるので鍼灸院での自賠責保険の扱いがめちゃめちゃ厳しい状況です。
法律で本当に鍼灸治療は自賠責保険が可能なのか深掘りしてみましょう。

自賠責保険による治療は、鍼灸師でも、医師の同意書・指示書なしで可能です

【自動車損害賠償保険法 第十六の三】
保険会社は、保険金等を支払うときは、死亡、後遺障害及び傷害の別に国土交通大臣及び内閣総理大臣が定める支払基準に従ってこれを支払わなければならない。

国土交通省と金融庁が定める支払基準には、

【自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準】 (国土交通省 金融庁)
(1) 治療関係費 ⑧柔道整復等の費用
免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。

このように記載されています。

鍼灸院は、領収書を発行したり、通院記録(カルテ)をしっかり提出できる環境を整えておけばいいのです。

たまに、領収書を書いていない、カルテも適当。そんな鍼灸院があります。
もし、そんな先生がいたら、「今すぐ心を入れ替える」か、「鍼灸師というか人間やめてください」

交通事故の自賠責保険による治療費はいくらくらい請求できる?

厚生労働省の「労災保険 あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師施術料金算定基準について」

これを参考にすると、4000円位は請求できます。

平成 26 年 4 月 1 日以降の施術分は以下のように定められています。

初検料 2,810 円
はりきゅう
(1 術のみ) 2,600 円
(2 術) 3,960 円
マッサージ 2,600 円
はり又はきゅうとマッサージの併用 3,960 円

しかし、「必要かつ妥当」として認められやすい治療費がありますが、保険会社によって違ってくるので上記を目安にしてください。ある方法を使えば治療費はもっと高くできます。

保険を適用すると、患者さんも負担が無くなるのと、接骨院や病院での電気治療より、「鍼灸治療は数十倍効果」があるのでWin-Winの関係になるのが最大のメリットですね。

交通事故の自賠責保険による鍼灸治療が認められない場合

鍼灸院での自賠責保険の扱いを損保会社が認めたがらない現実はご理解できましたか?

損保会社が認めたがらない・・これがデメリットです。

そのため、交通事故の後遺症に苦しむ患者さんを施術する選択肢は3つです。

自費で通院してもらう

保険が使えないので、患者さんには自費で通院してもらう事になります。
数回で改善できる自信があるなら患者さんを自費へ誘導していいでしょう。

技術があるのは当たり前です。マーケティングの知識や顧客心理学をしっかり学べば誘導できるでしょう。

例えば下記の内容などは理解しておく必要があります。

次回予約獲得が下手くそな鍼灸師がある【数字】を意識するだけでバンバン予約が獲得できたアホほど簡単な方法とは

相づちは患者さんとの一体感を生みます。3つのテクニック

 

損保会社にまめに連絡をする

前述した、「こんな流れで自賠責の鍼灸治療を伝えていませんか?ダメダメ例」でもお伝えしましたが、患者さんに手続きを丸投げして、「OKもらえたら施術しますよ」

こういう丸投げ的なスタンスでは患者さんは来院しません。

もし、先生が首が痛くて動かせないのに、不慣れた保険申請や手続きできますか?
痛みがひどく、「このまま治らないのでは?」そんな不安があるのに電話なんてできませんよ。

先生が患者さんの変わりに電話したり、手続きを代行してあげるくらいの気持ちが必要です。
しかし、損保会社は門前払いしてくるかもしれません。

かなり上から目線で話されるかもしれません。キレたら負けです。

何度もくじけずに頑張りましょう!

鍼灸師になった理由を思い出してください。

「痛みに苦しむ人を助けたい!」
そんな気持ちを持っていませんでしたか?それを思い出せばできるはずです。

どちらもうまくできない先生は、自賠責保険の取り扱いは諦めるしかありません。

患者さんに伝える自賠責請求書類の書きかた

参考までに、自賠責請求書類の書き方かた(被害者請求書類の揃えかた)をお伝えしましょう。

支払請求書兼支払指図書の書きかた

請求書類セットというものが、保険会社から送られてきます。難しい部分もあるので、書き方の例があるからそれを参考にしてもらうように伝えましょう。

その中の交通事故証明書の内容を見ながら書いてもらいます。

しかし、支払い請求書兼支払指図書の加害者の欄には、ふつう自賠責保険の契約者や車両の保険者を記載する欄があります。しかし交通事故証明書にはこの記載なし。

加害者に聞いていて分かっていればいいのですが、分からなければ記入例のように空欄にしておきます。

交通事故証明書はどこでもらう?

交番や警察署で交通事故証明書の交付用紙をもらう。記載して手数料を払えば1週間ほどで郵送されます。

ちなみに、記入した交付申請書を運転免許試験場にある自動車安全運転センターに持ち込めば手数料を払ってその場で発行してくれます。

またこれまで任意保険で一括対応を受けていたのであれば、その任意保険会社が交通事故証明書を持っています。コピーをもらっておきましょう。

 

事故発生状況報告書の書き方は?

支払請求書兼支払指図書の書きかたと同じで、請求書類セットを参考にして書いていただきます。

 

接骨院や鍼灸院などで施術を受けつける場合施術証明書を渡しましょう。

はりきゅうの先生や柔道整復師の先生は、ちゃんと施術証明書の雛形を用意しておきましょう。

 

まとめ

「交通事故治療うけつけます」のように、ラーメン屋のようなノボリを掲げている治療院をたまにみかけます。

しっかり施術できる技術とノウハウがあればよいのですが……経営安定のためにおこなっているようなら、喜ばしい状況とは言えませんね。

運気も下がるでしょうし、保険が使えなくなるリスクもあります。

ネット集客の技術さえあれば、保険施術から卒業できますよ。

コメント