治療院の経営は厳しい【3年で70%廃業】生き残りに必要な3つの◯◯

治療院経営厳しい

療家になって3年、患者さんからも「先生」と呼ばれ技術力もついた。そろそろ開業して「自分の治療院を持ちたい」

そんな感じで起業を考えていますか? 安易に治療院を開業すると……廃業します。

今回は、治療院の経営が難しい理由と、その解決策として3つの人格というお話をお伝えします。

治療院の開業は簡単です

治療院の起業は他のビジネスに比べると格段に開業しやすいです。鍼灸院や整骨院は、最低3年間の養成校を卒業して、国家資格取得が必要です。

とくに治療院で自費治療のみで技術でアピールする場合、保険治療メインの治療院と比べると、電気治療器やレセコンなどの初期投資が少ないです。

このように、治療院では初期予算も少なく開業できるメリットがあります。

星の数ほどある治療院も含めて、最近は起業ブームと呼ばれています。

しかし、

  • 起業1年目で約40%
  • 起業2年目で15%
  • 起業3年目で10%

合計すると3年以内に約70%が廃業しているという現実を知っておかなければいけません。

関連ブログ

鍼灸流派は何ですか?◯◯流鍼灸、見込み患者さんは全く興味ありません
太極療法、経絡治療、中医学、筋肉メインの鍼灸、脈診流、積聚治療、長野式、北辰会、現代医学的な鍼灸有名ドコロはこれくらい?いや、もっとあるでしょう。鍼灸の学生さんや、鍼灸の先生方には、ほとんど常識ですよね?クラスメートや先輩などで所属している...

https://www.prohari.com/post-617/

https://www.prohari.com/post-839/

 

起業して3年以内に70%が廃業する

「治療院は会社じゃないから関係ないよ」そう考えている先生もいるかもしれません。

たしかに治療院は初期投資も少なく、廃業のリスクは少ないです。

とくに、

  • 独身で扶養している人はいない
  • 自宅開業で親と同居
  • パートナーも勤めていて、共働き
  • 子供はいない

上記に該当する人は、廃業のリスクはさらに下がります。収入は少ないが、支出も少ないので当然廃業リスクは下がりますね。

だけど、平成28年厚生労働省発表したデータによると

整骨院、鍼灸院、マッサージ院などの国家資格者が開設をしている施術所:13万6460店舗

このデータは10年前に比べ、約2万8000店舗も増加しているのがわかります。さらに治療院は国家資格だけじゃないですよね。

整体院、カイロプラクティックなどの治療院は約8万店舗といわれており、治療院全体だと軽く20万件を越えています。

ちなみに施術所に勤務する柔道整復師の先生は2倍以上に増えています。

  • 1998年:2万9087人
  • 2010年:5万8573人

残念ながら、毎年、将来のライバルになるかもしれない人が増えていますね。

 

治療家が考えている「技術力があれば成功できる」というウソ

私も専門学校時代、ベテランのおじいちゃん先生が言っていました。

「開業しても最初は暇だから古典の勉強をしなさい。」

これを鵜呑みにしている学生さんがいれば絶対聞き流してください。

時代が違いすぎます。今の世の中、こんなことしたら確実に廃業します。

 

別の専任講師も言っていました。

「うちの学校は技術力が高いので、開業しても食っていけるよ。」

これを鵜呑みにしている学生さんがいれば絶対聞き流してください。

自分で開業していない&学校から給与を貰っている専任講師の言葉に説得力はまったくありません。

治療院に勤めている先生なら、「独立して自分で開業したら、もっと自由に自分スタイルの治療ができるようになる」と考えているかもしれません。

私もそうでした。

しかし、実際には、独立を決意して物件探しなどを始めた瞬間から、治療だけを続けることや、鍼灸に関係する医学書だけを読む生活は、事実上不可能になります。

治療院の経営は厳しいのですが、生き残る方法があります。次にお伝えする3つの人格を形成することです。

厳しい治療院経営を生き残るには3つの人格が必要

あなたは多重人格者ですか? 当然ですが、答えはNOですよね。

勤務治療家の場合、人格はひとりだけでよいです。

鍼灸という専門職をフルパワーで発揮できる職人

 

しかし、治療院経営には

  1. 治療という専門職をフルパワーで発揮できる職人
  2. 新しい世界を開拓する野心的な起業家
  3. 治療院を安定経営させるマネージャー

この3つの人格が必要になります。どういうことかくわしくお伝えしますね。

1.治療という専門職をフルパワーで発揮できる職人

説明不要ですね。最高の技術を来院された患者さんに提供します。

 

2.新しい世界を開拓する野心的な起業家

世の中は日々流れています。時流に乗ることが重要です。起業家目線を持つと、

  • どうやって集客するか?
  • 新しい収入の柱はないか?

いろいろなアンテナを張り巡らせます。わかりやすトコだとInstagramやTwitterなどのSNSですね。

数年前には集客のツールになるとは誰も思っていませんでした。

 

3.治療院を安定経営させるマネージャー

経理や患者さん管理。さらにはスタッフ教育もマネージャーの役目です。

 

経営力はかけ算です。ひとつでもゼロなら経営は成り立ちません。足りない人格(スキル)は、外注するべきです。

※私の場合、税務関係は税理士さんにお願いしています。

治療院を開業する前に読んでおきたいおすすめ書籍

さきほど、

治療だけを続けることや、治療に関係する医学書だけを読む生活は、事実上不可能になります。

とお伝えしました。この書籍を参考にさせてもらっています。

その内容として、

致命的な仮定とは・・・「事業の中心となる専門的な能力があれば、事業を経営する能力は十分に備わっている」ということである。
私がこの過程を致命的だと書いたのは、この過程が間違っているからにほかならない。

事業の中で専門的な仕事をこなすことと、その能力を活かして事業を経営することは、まったくの別の問題である。それにもかかわらず、多くの人達は会社を経営するという面を見落としたまま、起業してしまう。

技術力と経営力はまったく違います。

私は開業してからそのことに気がついた「ごく一般的な鍼灸師」でした。

「とても遠回りしていたなぁ」と振り返ると実感します。先生はそんな遠回りはしないでくださいね!

そのために1冊の本を紹介します。ぜひ手にとって考えかた=マインドを変化させてください。

達成する人の法則

著者:原田隆史

販売価格:無料 
送  料:550円

————————–
勝ちに不思議な勝ちあり
負けに不思議な負けなし
————————–
このような格言があるように
仕事が上手くいかない、、、
スポーツが上達しない、、

と言っている人たちにはある共通点があります。

逆に言うと
いつも成功する人たちにもうまくいく共通点があります。

例えば、うまくいく人は「日誌」をつけます。
日記ではなりません。

日記は、「今日の昼飯は、牛丼を食いました。」のように、その日1日の出来事、感想を書きますが
日誌とは、

・良かったこと、成果が出たこと
・悪かったこと、成果がでなかったこと
・今日の気付き、学び

など、1日を振り返り次やるときにうまくいくように対策を書きます。

他にも、目標を決めるときも決め方に違いがあります。

例えば、うまくいかない人は
・2016年は年収を1,000万円にする
・今年の夏までに10kg痩せる
・今年こそ英語を話せるようになる

ということを決めますが成功する人はそうしません、、、
では、何をしているのか?が具体的な方法がわかります。

原田先生は。元大阪の中学の体育教師でした。陸上部の顧問となり、
赴任からわずか3年で”ふつう”の生徒が日本一になる学校に変えてしまったのです。

それも13回もです。

それは、目標達成の方法を伝えたからです。

購入と言ってもゼロ円で送料のみなので買ってぜひご覧ください。

 

関連ブログ

21,065軒ある鍼灸院に負けないために、治療院の強みを3つの視点で考える
全国で鍼灸院がどれくらいあるかご存知ですか?平成22年のデータだと 21,065軒と言われています。鍼灸あんまマッサージ院だと、 36,251軒あんまマッサージ院だと、19,983軒柔道整復の施術所は 37,997軒 となっています。※平成...

 

コメント