治療技術一覧

鍼灸治療の補瀉いろいろ7選、チョットまったその手技ヤバくね

補瀉に関してはある視点からの見方で決まっています。残念ながら学生さんは国家試験のために「暗記」する必要があるでしょう。経絡の流れの方向によって刺鍼するのが迎随の補瀉。開闔は抜針後の鍼の痕を揉まずに気を抜くものと、揉んで気が抜けないようにする方法です。

腕踝針針法 世界で1番シンプルな鍼灸治療法

腕踝針針法はマジでシンプルです。腕踝針針法とは前腕部あるいは踵周辺のポイントを取穴して皮下を浅刺することによって、全身の色々な疾患に対応する治療法です。上6番ライン:後頭部痛、後頭項部痛、頚椎・胸椎および椎旁痛。和鍼でもできると思いますが、中国鍼は操作が楽です

鍼灸治療で耳鳴、難聴治療は経絡の流れと頭蓋骨の現状を知ることが重要

鍼灸治療でおこなう耳鳴りや難聴など耳に関係する治療方法です。腎氣通于耳.腎和則耳能聞五音矣.黄帝内経霊枢 脉度篇第十七.特に手の少陽三焦経と足の少陽胆経は、耳との関連が重要である。身体のバランスや神経頭蓋(側頭骨や蝶形骨など)のバランスを調整しているのでしょう

ぎっくり腰の鍼灸治療、主に椎間関節性腰痛の治療

ぎっくり腰、椎間関節性腰痛の治療法をお伝えします。急性期は椎間関節の捻挫による激痛が多く、ぎっくり腰で最も多い。ぎっくり腰の椎間関節性腰痛は片側だけ両側とも痛む場合がある。仰向けでの施術で太谿穴を取穴。下腹部の圧痛が強い側。陰陽のバランスを取る,大腰筋の異常を整える

胸郭出口症候群の鍼灸治療

胸郭出口症候群は腕神経叢に対して、いかり肩では圧迫力が強くなり、なで肩では牽引力が強くなり腕神経叢を絞扼してしまいます。解剖学的な絞扼部位と不良姿勢が密接に関与しています。鍼灸治療の場合、斜角筋隙における腕神経叢への圧迫を軽減することが必要です。鍼を使うなら天鼎穴だったり、扶突穴などです

鍼灸技術を向上したいなら五郎丸選手に弟子入りしろ!一流から学ぶ大切なコト

鍼灸の技術を磨きたいならルーティンをしっかり作りこむ事をやっていこう。五郎丸選手はこのルーティンをすることで今置かれている現状を考えず、ボールを蹴ることだけに集中しています。鍼灸技術をアップするには治療の前には手を洗いましょう。もちろん衛生的なコトもあります。手を洗うと施術に100%集中できます

足の痛みの治療にはサルでもできる局所鍼治療でOKしかし説明にはアウトリガーカヌーの理解が必要

足の痛みの治療には局所に鍼すれば良くなります、マッサージだとかなり痛みますが、鍼だとアプローチしやすくなります。足の痛みの治療以外にも使える具体的な検査法は片足で立ってもらう。heel footに体重をかけている人は、体重を支える設計になっていないので、筋肉をよけいに使用することになります。

自律神経失調症やうつ病の鍼灸治療はネパールの山の神が教えてくれたその方法とは

鍼灸治療で自律神経失調症やうつ病、不眠症を施術する場合は高山病の理解が必要です。中医学的な診断も出来ればなお良しですが、まずは出来るだけシンプルに考えましょう。高山病の理解ができれば次は施術です。身体のバランスを確認して、患者さんの楽な姿勢を見つけます。他人からみても本人自身も真っ直ぐ自然な姿勢に作り変える

こころの病気を鍼灸治療で対応するには!肌に触れる事といつものアレをするだけ

こころの病気は、現代医学だと神経伝達物質の乱れが共通の原因としてあります。不安症状はセロトニンの不足、意欲の低下はノルアドレナリン、楽しくないのはドーパミンの不足が原因です。鍼灸治療ではこころの病気にどれくらい対応できるのか?前回のブログでもお伝えしたように、呼吸が楽にできるか!これが重要になります。

背部痛はアナトミー・トレインの浅前線浅後線の関係を考えて、鍼灸治療に活かす

アナトミー・トレインには、浅前線と浅後線というのがあります。浅後線と浅後線の関係を屈曲と伸展でみていきます。腹直筋が胸郭を引き下げて、肋骨を圧迫して呼吸を妨げる。胸骨筋と胸骨を介して胸鎖乳突筋に伝えられ、頭部を引き下げる。鍼灸治療で背部痛を改善するために大椎穴を取穴したら背部は筋肉の走行を意識しながら軽擦

スポンサーリンク
レクタングル(大)