治療技術理論

治療技術理論

鍼灸治療の補瀉いろいろ7選、チョットまったその手技ヤバくね

過去にも何度か鍼灸治療の補瀉法についてお伝えしています。 いろいろありますが、全部正しいのでしょうか? 少し考えてみましょう。 鍼灸治療の補瀉7選 1.迎随の補瀉 経絡は12経絡がぐるっと周って、全てがつながっています...
治療技術理論

鍼灸の脈診は5つの気の作用を理解するとグッと技術向上します

脈診ってきくと経絡治療を思い描く先生が多いのでしょうか?それとも中医学を思い描く先生が多いのでしょうか?流派によって脈診のやり方や理論が若干違っているのは不思議に感じるのは私だけでしょうか?脈診って奥は深いのですが、深みにハマりすぎていると...
治療技術理論

脈診の基礎は平脈から、8つの分類分けで平脈をマスターしよう

脈の知識は色々ある診断のツールの1つ(←これ重要です。)として使えます。病脈はもともと正常な脈(平脈)からの変化ですので、病脈を知るにはまず平脈を知らなければなりません。病んでいる脈(弦脈や遅脈など)はもともとは正常な脈からの変化なので、脈診の基礎として平脈を勉強しないとダメです
治療技術理論

腕踝針針法 世界で1番シンプルな鍼灸治療法

腕踝針針法はマジでシンプルです。腕踝針針法とは前腕部あるいは踵周辺のポイントを取穴して皮下を浅刺することによって、全身の色々な疾患に対応する治療法です。上6番ライン:後頭部痛、後頭項部痛、頚椎・胸椎および椎旁痛。和鍼でもできると思いますが、中国鍼は操作が楽です
治療技術理論

鍼灸治療で耳鳴、難聴治療は経絡の流れと頭蓋骨の現状を知ることが重要

鍼灸治療でおこなう耳鳴りや難聴など耳に関係する治療方法です。腎氣通于耳.腎和則耳能聞五音矣.黄帝内経霊枢 脉度篇第十七.特に手の少陽三焦経と足の少陽胆経は、耳との関連が重要である。身体のバランスや神経頭蓋(側頭骨や蝶形骨など)のバランスを調整しているのでしょう
治療技術理論

アナトミートレインで鍼治療をやってみる。身体の繋がりを意識する

鍼灸治療をやっていくと新しい治療法や研修会を渡り歩く人がいますよね。人の心理として「探究心」があるので当然です。そういう先生に限って中途半端に終わってしまい、「自己流鍼灸」になっています。だけど、自己流鍼灸も根拠・エビテンスがしっかりしてい...
治療技術理論

舌診してますか?歯痕舌や淡白舌の診断のポイントまとめました

舌診は診断のツールとしてすぐれているばかりでなく、鍼灸院の経営にもプラスになります。 露出した内臓 内臓の鏡 と、舌は言われます。 現在の中医学の臨床において、舌診は弁証論治するうえで欠くことのできないものとなってい...
治療技術理論

ぎっくり腰の鍼灸治療、主に椎間関節性腰痛の治療

腰痛の種類は色々ありますよね。 今回はぎっくり腰、主に椎間関節性腰痛にしぼって鑑別診断や治療法についてお伝えします。 "Backpain" | Photo Sharing! ぎっくり腰に分類される椎間関節性腰痛 ぎっくり腰の原因...
治療技術理論

胸郭出口症候群の鍼灸治療

胸郭出口症候群(TOS:Thoracic Outlet Syndrome)の症例は意外と多いですよね。 腕神経叢の絞扼によってしびれや痛い、だるさ、冷感など。色々な症状が出てきます。 整形外科を受診していても、「骨には異常ない...
治療技術理論

治未病とは鍼灸治療がもつ底力をガンガン活用すると理解できる

治未病(ちみびょう)鍼灸師や鍼灸学生さんなら聞いたコトありますよね?神奈川県はコマーシャルでも取り上げています。しかし治未病(ちみびょう)とはどんな意味なんでしょうか?未だ病まざる病を治すという意味?未だ病まざる病を予防するという意味?どっ...