マーケティング基礎一覧

いつまで業者に頼むの?ネット集客に悩む全ての治療院へ、お金を貰いながら学ぶ方法付き

「ネット集客はわからないから外注しています。」 そんな先生もいると思いますが、いつまでたっても外注し続けますか?ネット集客に必要なコトが1つでも0だと結果は0とお伝えしました。今回はネット集客で失敗するパターンと、改善する方法をお伝えします。

治療院にはメルマガは必要か?メルマガの仕組みから始め方まで解説

メールマガジンとはメール宛てに、登録してくれたユーザーに定期的に届ける、雑誌です。肩こりや腰痛など緊急性が高い施術をメインにしている→どちらでも良い。美容やエステなど長期的に通う施術、高額な施術→メルマガをやった方が良い。メルマガで大切なのは関係づくりです

患者さんから声をもらう!簡単です。シンプルにギブアンドテイクを考える

患者さんの声や患者さんの感想をうまくもらえません。先生も同じことで悩んでいませんか?口コミ感想のもらい方はギブアンドテイクが基本。何らかの譲歩を得たい時になによりも心に留めておくべきことは、「このお願いでわたしは何を提供しなければならないか?」です。

個人事業主の個人情報取り扱いどうしてる?やるべきことは2つ

個人情報保護法ですが、保有人数に関係なく適用対象になります。個人事業主さんも対策をしなければいけません。コンプライアンスを意識するのは社会的な信頼と見込み患者さんからの信頼を得ることができるでしょう。個人情報の漏えいを防ぐために必要なセキュリティソフトです

ビジネスに重要なマインドセットの話、2つの設定で願いが叶う【保存版】

店舗ビジネスのマインドセット、未来を選ぶ。人の行動はすべて考え方が支配しています。目標を達成するように考え(マインドセット)を整えれば希望が叶う。マインドセットの2つの最重要ポイント、目標の認識、目標を達成した後の将来像を設定が必要

鍼灸院開業する方へマーケティングの基礎を伝授します

鍼灸師が開業するには、必ずマーケティングの知識は必要。マーケティングの基礎を学ぶのに3つのMにわけて考えます。マーケット(市場、誰をターゲットにするか)メディア、メッセージ、誰に来てほしいのか?=マーケット(Market)魅力的なオファーを伝える=メッセージ

ネットで広告宣伝費は高騰して払えない。予算ゼロの弱小鍼灸院の最後の武器は◯◯

インターネットを利用した広告宣伝といえばリスティング広告と呼ばれるものがあります。Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止。アドワーズ広告右側広告が無くなると、アドワーズ広告で患者さん集客をしていた治療院はクリック単価が上昇するはずです。

ブログで集客するには3つの鉄板テクニックで読みやすくする

ブログを使った集客は、Googleなどの検索結果で上位表示しないと見込み患者さんに見られるコトはありません。だから、ブログを書いて色々な悩みをかかえた見込み患者さんを集客しないといけません。ブログの集客で必要な3つのポイント。その1:見づらい、その2:「なぜ?」に答えていない

ブログの書き方がわからない悩める鍼灸師よ!ブログの型を極めるのとオウンドメディア戦略で繁盛せよ

ブログの書き方がわからない人に共通しているのは、ターゲットが決まっていません。鍼灸院の場合なら、腰痛で悩む人に喜ばれるブログの記事を書く必要があります。得意分野なので書き方がわからないワケはないですよね?ブログの書き方の型。問題提起:見込み患者さんが抱えている悩みを指摘。

リピート率を上げる方法とは?コピーライターから学ぶ鉄板の心理学を獲得する

リピート率を上げる=鍼灸院のゴールです。これは鍼灸院に限らず店舗ビジネスに共通します。いわゆるリピート率です。リピート率を上げるため説得するテクニックが必要です。具体的なトークを勉強できるのでクロージングの心理技術21を読むと良いです。返報性の原理という心理テクニックを理解する

スポンサーリンク
レクタングル(大)