開業経営集客リピート対策一覧

治療院の新規患者さんの集め方リピートまで考えて対策する

新規の患者さんを集めるなら治療院に近い人がいい。なぜならば、近所の方がリピートしてくれる率が格段にあがります。特に都心部だと、紹介で来院しない限りどこの治療院がいいのかわかりません。多くの人は、「近くでいい治療院無いかなぁ」と探しています。

おしゃれでカワイイ文字ふい字フォントを自作チラシに活用しよう

手書き風フォントのふい字がカワイイ、フォントはわかりますか? ゴシック体や明朝体と言われる書体デザインの事です。パソコンに元々入っているフォントでも使い勝手はいいのですが、手書き風でかわいいフォントがありません。無料フォントをインストール

ブラックボードを治療院集客に活かす。使い方間違っていませんか?

ブラックボードはまず関心を持ってもらう必要があります。限定した相手に書くようにしましょう。文字に使う色は3色まででいいでしょう。たくさん使うと読みづらく、何を言いたいのかわからない文章になってしまいます。通行人は「一瞬」見るかどうかです。

新規獲得もリピート対策も魅力を伝えていないとできません。

ターゲットを絞るとリピート対策になります。多数の患者さんにアプローチすればたくさん患者さんが集まるかもしれません。ただターゲットが絞られていないのでニーズがズレてしまいます。先生の「詳しい実績」と、「鍼灸技術のこだわり」を伝えなければいけません。

繁盛治療院は治療より◯◯がうまい!カリスマ店員から学ぶヒケツ

鍼灸院や治療院で繁盛する条件ですが、患者さんがリピートしてくれないと絶対無理です。技術レベルの高い鍼灸師だと、治すという気持ちが強すぎて◯◯さんではなく、腰痛の◯◯さんと向き合っている場合があります。治療家は痛みにフォーカスし過ぎる。続きを読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)