開業経営集客リピート対策一覧

口コミの患者さんが増えない理由、2つのズレの修正で克服する

口コミは最高の集客ツールです。だけど、口コミは発生しにくいので難しいです。口コミが発生するときは「感動」した時です。口コミのポイントがずれていたり、口コミの伝え方がわからないと、先生の治療院への来院に繋がりません。口コミの伝え方がわからない患者さんが多い場合、先生に問題があるかもしれません。

院長紹介ページを詳しく書こう。院長の人柄が来院につながります

院長紹介ページは、見込み患者さんが興味を持つページです。見込み患者さんの心理として、院長はどんな人なのか?男性なのか・女性なのか?年齢だったり、過去の経歴、臨床経歴は豊富なのか、生理的に大丈夫なのか。心理学では「ミラーリング」と言い、自分に似ている人に共感します。

治療院のホームページはスマホ対応が必要!レスポンシブデザイン

治療院のサイトに必要な3つのことでもお伝えしましたが、インターネットで検索する場合、年々スマホ(スマートフォン)で調べる方が増えています。レスポンシブデザインとは、Webデザインの手法の一つで、様々な種類の機器や画面サイズに単一のファイルで対応すること。

ホームページ作成の基本、治療院のサイトに必要な3つのこと

ホームページを作成するのに必要な3つの要素。患者さんを集める。患者さんに知ってもらう。クロージング対策。腰痛で悩んでいる人に、集まってもらい、先生や治療院を知ってもらう、そしてクロージング(来院)という流れが必要になります。サイトを見つけてもらわないといけません

治療院のチラシ中身は何が重要?デザインか情報か割引なのか?

鍼灸院治療院のチラシは通販チラシを参考にすると良いでしょう。見出し院長写真や、施術風景・院内風景写真写真つき患者さんの感想連絡先(連絡手段は多くする)名称は小さくて良い。情報量・こだわりが重要。しかし、鍼灸治療に興味・関心が出てはじめて読んでもらえます。

チラシ集客の配布法、治療院は新聞折り込みがオススメな3つの理由

チラシでの集客にはしっかりした戦略が必要です。 新聞の折込チラシに注目した場合、治療院、鍼灸院の患者さん層にマッチングしやすいです。新聞を定期購読している年齢層は、上がっていくほど多い。シニア層をターゲットにしていない治療院には折込チラシは不向きです。

チラシで集客するならテストが必要、3回繰り返す訳とは

チラシは最低でも3回は配る。どんな内容のチラシが一番反応率が高いかを、調べないといけない。3回配るにしても、まったく違う地域に配るとテストもできず反応率も下がります。チラシは配る時期や曜日によっても変わってきます。年間を通して同じ地域に配れるとベストでしょう。

新聞購読率は10年前より激減、集客に折り込みチラシ使えない?

チラシ集客に必要な3つのポイントは最低でも理解してください。地域に配るチラシは、地域医療に根付く治療院・鍼灸院の集客に多いに役立ちます。3つのポイントはチラシの配り方、折り込みチラシに関係する新聞の定期購読率は10 年前と比べ、 50~60 代でも 10pt以上低下

治療院に合う集客方法は?口コミ・チラシ・ホームページを比較

治療院・鍼灸院は地域ビジネスに該当します。いったいどんな集客方法がいいのか、メリットデメリットで考えてみます。口コミ集客、ホームページ集客、チラシ集客。チラシはこちらから配るので、積極的にアピールできる。新しいお店に行く前はインターネットで検索している。

スポンサーリンク
レクタングル(大)