ブログで集客するには3つの鉄板テクニックで読みやすくする

ブログで集客

ログでの集客についてここ数回書いています。

 

過去ブログ

https://www.prohari.com/post-1772/

https://www.prohari.com/post-1653/


https://www.prohari.com/post-1636/

なぜ、ブログでの集客が必要かわかりますか?

 

鍼灸院を開業したら、今やホームページを持つことは当たり前デス。

しかし、ホームページが見込み患者さんの集客に役立たなければ意味がありません。

 

Googleなどの検索結果で上位表示しないと見込み患者さんに見られるコトはありません。

だから、ブログを書いて色々な悩みをかかえた見込み患者さんを集客しないといけません。

参考ブログ

https://www.prohari.com/post-1026/

 

今回は、ブログの内容をどストライクで見込み患者さんに伝える方法です。

 

ブログで集客

ブログの集客は伝わるコトが大切

以前書いたブログでもお伝えしましたが、鍼灸院のブログを見ていると、残念な内容がほとんどデス。

・友達と食事に行った話。

 

・黄帝内経素問、霊枢、難経に記載されている内容だったり、温中虚寒法や養陰清熱法という専門用語マンサイの話。

 

・鍼灸治療院ハ解剖学運動学鍼灸中国医学ニ従い鍼灸治療ヲ行い皆様ノ・・・というようなメチャクチャ読みにくい文章

 

こんなブログの書き方だと、見込み患者さんにどストライクでメッセージを伝えるコトはできません。

もちろん伝わらないブログ記事で集客できません。

ブログの集客で必要な3つのポイント

これは、現役のコピーライターさんから聞いたテクニックです。

この方はペンだけで億を稼いでいるモノごっつい人です。

 

その1:見づらい

漢字だらけの文章だったり、ひらがなが多いと読みにくくなります。

 

悪い例:昨日、昼に寿司を食べた。

 

良い例:きのう、昼にスシを食べた。

 

漢字、ひらがな、カタカナのバランスが良くなります。

ネットの記事をじっくり読む人は少ないデス。

視覚的に読みやすくするブログの書き方にしましょう!

 

悪い例:あれっと思ったら五百円が落ちていた。

 

良い例:「あれっ?」と思ったら500円が落ちていた。

 

記号だったり、数字を使ったり、カッコをうまく利用しています。

文章にリズムが生まれてきます。

 

その2:「なぜ?」に答えていない

鍼灸院の個性をだすには、先生の主張がポイントになりますよね。

しかし、主張だけでは「オレはすごいぞ!」文章になり自己チューな先生という印象を与えてしまいます。

主張と理由はワンセットです。

主張→理由→主張→理由・・・

 

悪い例:さんまは目黒に限る。うん、そう思う。

 

良い例:さんまは目黒に限る。なぜならば、過去の歴史を振り返ると・・・

 

これは治療中の患者さんとの会話でもそうです。

「ここのツボを押しておくと良いですヨ」

これで終わってませんか?

 

「ここのツボを押しておくと良いですヨ、なぜならば、このツボは血液の流れを整え・・」

 

あいては素人だからと「まぁいっか」は絶対ダメです!

 

その3:相場観をふまえていない

ブログの記事で集客するとき、書いてある内容について、読み手はどの程度くわしいか?

しっかり考える必要があります。

 

東京在住の人に、「渋谷のハチ公前集合」

とくに問題ナシですよね。

 

しかし、渋谷に行ったコトが無い人に、「渋谷のハチ公集合」

これだけだと、不親切な文章になってしまいます。

 

専門用語がマンサイのブログの記事を書いてある先生は「相場観」をしっかり考えないといけません。

 

ほかには、パソコンやスマホでブログの記事をよむ場合、文章が長すぎると読みづらくなります。

一文一文は短くする必要があります。

「、」でつながずに「。」を使う。

 

悪い例:きょうは渋谷まで電車できました、ハチ公前で友人と待ち合わせをして、映画を観に行くことになっています。

 

良い例:きょうは渋谷まで電車できました。

ハチ公前で友人と待ち合わせです。

その後、映画を観に行くことになっています。

 

読み手のコトをしっかり考えて書きましょう。

良質なブログの記事でも読みづらいと意味がありません。

 

このような積み重ねでホームページへのアクセスが増えてきます。

 

わたしもアクセスアップする方法を勉強しました。

それが随時募集になりました。

 

くわしくはこちら>>オウンドメディア構築塾

ブログで集客するタメのまとめ

ブログを使った集客は、Googleなどの検索結果で上位表示しないと見込み患者さんに見られるコトはありません。

だから、ブログを書いて色々な悩みをかかえた見込み患者さんを集客しないといけません。

 

ブログの集客で必要な3つのポイント

その1:見づらい

漢字だらけの文章だったり、ひらがなが多いと読みにくくなります。

その2:「なぜ?」に答えていない

その3:相場観をふまえていない

ブログの記事で集客するとき、書いてある内容について、読み手はどの程度くわしいか?

しっかり考える必要があります。

 

一文一文は短くする。

「、」でつながずに「。」を使う。

どうやったらブログの記事だけで集客できるか考える必要があります。独学よりも誰かに教わるコトをする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください