代表挨拶

ゼロからマンツーマン鍼灸院開業アドバイザー

sf01-400-600

激務のため身体を壊しテレビ業界を退職。

未来の医療はサービス業だ!と考え、独学でサービス業を学ぶ。

鍼灸資格取得後、ネパールで鍼灸ボランティア参加。

重病奇病を経験し、自信がポキっと折られ帰国。

未熟さを痛感し技術向上の為、毎月東京大阪を往復し自分スタイルの鍼法を確立。

病院や整骨院に勤務。整骨院では院長代理を任せられるが、2ヶ月で閉院。経営知識0を痛感。

その後、鍼灸院で委託業務契約をするが、子供が生まれた直後に突然リストラ。

2ヶ月で、わずかな資金と行動力で鍼灸院開業。

 

学校でも教えるスタンダードな治療法に!というミッションを掲げ、経験を体系化し、ひよこ鍼灸師に経営と技術サポート活動を行う。

古田諭志(ふるたさとし)
1975年生まれ。

 

私のストーリーです。

よろしければご覧ください。>>【なぜ、鍼灸師になったのか】

 

スポンサーリンク
あいさつ
スポンサーリンク
治療院ネット集客『ぷろはりどっとこむ』

コメント