スポンサーリンク

五行論、木火土金水は陰陽と同じく素晴らしいシステム鍼灸治療に大いに活かす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五行論、もちろんご存知ですよね?

木・火・土・金・水

当たり前過ぎて、鍼灸国家試験には出題すらされないかもしれません(汗)

五行論木火土金水

行  季  方  気  化  色  味  臓  竅  志  声 

小腸
長夏 湿 肌肉
西 大腸 皮毛
膀胱

五行の性質は先人たちのもつ自然観察のたまもの

五行の性質は、五臓の機能の特性に対応していますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

▼ついにJCBカードも対応。手軽さと手数料の安さが魅力です▼ ↑↑くわしくはバナーをクリック↑↑
私も使っています。開業するなら必ず契約しましょう。

 

木曰曲直

木は、草や樹木がその茎や枝葉を伸ばす様子に例えられます。

鍼灸の臨床現場でよく遭遇する「肝」の異常が考えられる人たち。 どうして鍼灸治療を受ける人が多いのでしょうか? 肝ってどんな臓器だったか考えていきましょう 肝ってどんな臓器なんでしょう 生体内での巡りを調整している ...

柔軟に四方に拡がり成長する性質を表します。こうした性質を、「生長」・「昇発」・「条達」・「舒暢」といった言葉で表現します。

五行論で木が持つイメージ

土の中にある種から小さな芽が、被さる土をかき分けながら地上に芽を出す時の力。

この押しのける力は一点に絞ってできたベクトルです。
これは胆気がつかさどっています。

四方八方に無秩序に発散しようとする肝の力を胆気が一方向に束ねることで、大きな力に集約しています。

黄帝内経◆靈蘭祕典論篇第八.
膽者.中正之官.決斷出焉.

そのため、胆は決断をつかさどると表現されます。

五臓ではもちろん、肝と関連しています。気血がスムーズに動くように調節しています。

肝は感情や自律神経とも関連していて、ストレスによる影響を受けやすい臓器です。
その他、胆嚢、目、筋(腱)、怒りと関係しています。

前回は肝の疏泄について考えてみました。今回は血を蔵す、筋との関係です。 鍼灸臨床ではどう考えると良いのでしょうか? 肝は血を蔵すと言われています 東洋医学的な肝と、現代医学の肝臓は違っているというのは理解されていると思います...

https://www.prohari.com/post-1123/


肝を考える時、鍼灸治療の臨床現場では、筋骨格系疾患に関係するものが多いですよね。 筋骨格系疾患と肝との関係性が理解できれば、メンタル疾患にもアプローチできますよ。 肝と筋との関わり、筋肉よりも腱と考える 身体の構造的なも...



https://www.prohari.com/post-1155/

火曰炎上

火は、炎や熱の性質を示します。
「温熱」「向上」「昇騰」と表現されます。

五行論で心が持つイメージ

勢いが強く上昇しやすく軽やかな動きをもち、熱く、ものを燃やします。

文字通り炎が燃え盛るときの状態を想像するといいでしょう。

五臓では心と関係しています。

心拍動や血液循環の原動力のほか、意識、思考、睡眠などの精神活動と関連しています。
小腸、舌、脈(血管)、喜びと関係します。

心は君主の官として知られていますよね。黄帝内経◆靈蘭祕典論篇第八. 心者.君主之官也.神明出焉.君主の官といわれても、「なんか偉いんだな」位の印象しかありませんね。一体どんな本質があるのでしょうか?心者.君主之官也.神明出焉君主の官として、...
臨床で「小腸の異常だな。」そう思って鍼灸治療していますか?臨床では浮腫みや冷えに関わる、水に関係する症状が多いです。心は小腸と表裏の関係 小腸は液をつかさどります。小腸は飲食物の清濁を分け、水穀の精微を吸収すると同時に、大量の水液も吸収しま...
東洋医学でいう臓は、現代医学でいう臓を含んでもっと大きなカテゴリである場合がほとんどです。 今回は「心」です。 東洋医学でいう心は、現代医学でいう心臓を含んでさらには、中枢神経系の機能も含んでいる概念になってきます。 心は...

https://www.prohari.com/post-1224/


https://www.prohari.com/post-1247/

土援稼穑 

稼は実のついた稲、穑は穀物を取り入れること。作物の植え付けと取り入れを意味し、農業を意味します。

五行論で土が持つイメージ

農作物の収穫の様子や土からいろいろな生命体や鉱物が生じる様子に例えられ、土の豊醇さを示し、豊かさや濃厚な性質を表します。

土は万物を生じ、万物の帰する所とも言われます。土載四行と表現されることもあります。

四行とは木、火、金、水のことで、これらは土から生まれるというような意味です。

同様の考え方から、五行を方角に当てると土は四方の中心に位置し、土からどの方角にも移動することができます。

五臓では脾と関係して消化吸収を通して生命力を補充する役割を果たします。

津液や気の動きの原動力としても重要です。
その他、胃、口、肉(筋肉)、思考と関係します。

五臓六腑の脾といえば、消化器系と考えて鍼灸治療をしている先生も多いと思います。もう一歩踏み込んで考えてみましょう。脾は後天の本生命活動の維持と気血津液の製造は、脾胃が運化した水穀の精微を原料としているので、脾胃を気血生化の源と読んでいます。...

金曰従革

金は従順や変更、改革といった性質を持つものとされています。

五行論で金が持つイメージ

人の意向に合わせて形を変えられる金属や鉱物の持つ性質にたとえられます。

「変革」「粛殺」(しゅくさつ)(厳しい秋気が草木を枯らすこと。)」「下降」「潔浄」などと表現されます。

五臓では「肺」と関係しています。

呼吸のほか、水分代謝、皮膚の調節、免疫機能とも関係しています。
そのほか、大腸、鼻、皮毛(皮膚と表層の細かい毛)、悲しみと関係します。

今回は肺です。わたしは肺がぶっ壊れて(ぜん息)、前職を止めて鍼灸師の道に入りました。 呼吸器だけでなく、「気」との関係が重要です。 現代医学での肺の働き呼吸の働きを考える 水分の代謝 代謝水ですね。呼吸することで代...

https://www.prohari.com/post-1172/


肺は生命体と外界を隔てる外殻となっています。 わたしは大気圏のようなイメージをもっています。 外敵(邪気)の侵入を阻止 外環境から内部を保護する緩衝帯 外部から呼吸によって天空の気を取り込んで、汚れた気を排泄。 ...



https://www.prohari.com/post-1190/

水曰澗下

水は潤して下方に流れる性質を示します。

五行論で水が持つイメージ

水の持つ重く下方に流れ、地面を固めるように潤いを与えるどっしりとした性質を表します。

「滋潤」「下流」「閉蔵」「寒涼」といった言葉で表現されます。

五臓では「腎」と関係します。

東洋医学でいう腎は西洋医学の腎臓よりも機能的にもっと広い概念を持っています。

成長、発育、生殖の働きに関連し、先天的な生命力を受け継いで生涯の体の状態を左右します。

そのほか、膀胱、耳、骨、恐れと関係します。

基本は現代医学的な腎臓を含んだ、もっともっと大きなカテゴリで、多くの働き・機能を含んだものが「腎」です。 腎虚と軽々しく言わない! 患者さんに説明するとき、この説明がしっかりなされていないと、誤解が生じます。 腎が悪いと言われたの...
前回、腎についての説明をしました。 腎はcore 腎は生命の根源(生命情報、物質的根源)を凝縮、内臓、生命活動の原動力を提供しています。 腎単独では生命活動を担うことはできない。 成長、年齢変化、生殖、細胞分裂、細胞性...

五行は自然界の観察から生まれました。

身体は小さな宇宙です。

整体観を考えて臨床していますか?「整体観?私は鍼灸師だから整体なんて関係ないデス」いえ、その整体ではなく整体観とは東洋医学、中医学の基本的な考え、自然や宇宙との一体観で生体をみていく。一体観とはすごくシンプルだけど、重要な考えです。身体は小...

イメージがわくと、臨床でのひらめきに繋がりますよ。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

出張専門の先生も必ず持っておきましょう。

お知らせ1

出張専門の先生も必ず持っておきましょう。

▼ついにJCBカードも対応。手軽さと手数料の安さが魅力です▼ ↑↑くわしくはバナーをクリック↑↑
私も使っています。開業するなら必ず契約しましょう。

 

お知らせ2

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログの更新情報はこちらで配信中

スポンサーリンク
レクタングル(大)