腕踝針針法 世界で1番シンプルな鍼灸治療法

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

灸治療をおこなっていくと、学校で習った技術だけでは上手くいかないと感じていませんか?

わたしもそうでした・・

今回紹介する腕踝針針法はマジでシンプルです。

だって12箇所のポイントを覚えるだけデス!

色々な流派をお勉強されている先生もたくさんいると思います。

しかし、こんなコトで悩んでいませんか?

  • どの鍼灸流派も最終的には古典の勉強が必要
  • 鍼灸流派によって古典の解釈が違っていて迷う
  • 中医学や経絡治療系の流派だと解剖学の話が出てこない
  • 現代医学な鍼灸治療だと医学古典の話が出てこない
  • どの流派もマスターするのに何十年もかかりそう

こんな悩みは腕踝針針法で解決できます。

手首と足首だけで鍼灸治療します

腕踝針針法とは

腕踝針針法是在腕部或踵部的―些穴点上迸行皮下浅剌以治疗全身多种疾病的―种方法。

腕踝針針法とは前腕部あるいは踵周辺のポイントを取穴して皮下を浅刺することによって、全身の色々な疾患に対応する治療法です。

中国語を翻訳するとこんな感じでしょう。

手根針とか足根針と呼ばれる場合もあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

▼ついにJCBカードも対応。手軽さと手数料の安さが魅力です▼ ↑↑くわしくはバナーをクリック↑↑
私も使っています。開業するなら必ず契約しましょう。

 

腕踝針針法の取穴ポイント

手にも足にも陰経と陽経がありますよね。

  • 手太陰肺経
  • 手厥陰心包経
  • 手少陰心経
  • 手陽明大腸経
  • 手少陽三焦経
  • 手太陽小腸経

  • 足太陰脾経
  • 足厥陰肝経
  • 足少陰腎経
  • 足陽明胃経
  • 足少陽胆経
  • 足太陽膀胱経

ご存知のとおり、経絡と臓腑はつながっています。

そして、その流れを暗記するのは難しく鍼灸国家試験にも度々でてきます。

しかしながら腕踝針針法の場合、ざっくりと前面、後面を3区に分けて鍼灸治療をしていきます。

腕踝針針法

腕踝針針法前面後面

腕踝針ライン

腕踝針針法の1区から6区

いかがですか?

これだと簡単じゃないですか?

  1. 患者さんの主訴を伺う
  2. 悩みの箇所を腕踝針針法の図表で確認
  3. ポイントにハリをする

図表で見やすい手の5区、足の5区を注目してみましょう。

ほとんど手少陽三焦経、足少陽胆経に近いです。

手の少陽三焦経

手の少陽三焦経

足少陽胆経

足少陽胆経

手少陽三焦経や足少陽胆経に関係する疾患にも対応できるのでしょう。

腕踝針針法の取穴部位

上の取穴

腕踝針針法上の取穴

腕踝針針法上の取穴

手関節より肘関節にむけて上2寸。
外関穴や内関穴と同じラインです。

外関穴

陽池穴の上2寸、総指伸筋腱と小指伸筋腱の間に取穴する。

内関穴

大陵穴から曲沢穴に向かい上2寸、橈側手根屈筋と長掌筋腱の間に取穴する。

下の取穴

腕踝針針法下の取穴

腕踝針針法下の取穴

足関節より膝関節にむけて上3寸。

三陰交穴と同じラインです。

三陰交穴

内果の上3寸に取穴する

腕踝針針法はどんな疾患に使えるのか?

経絡と同じように対応ラインに含まれる部位は治療範囲になります。

もう少し詳しく書きますね。

上1番ライン

前額部頭痛、麦粒腫、結膜炎、眼球脹痛、視力低下、目のかすみ、鼻塞、流涙、嗅覚脱失、三叉神経痛、前歯痛、流延、急性咽炎、喉頭梗塞感、気管支炎、悪心、嘔吐、噯気、吃逆、狭心症、高血圧、片麻痺、全身性瘙痒症、眩暈、盗汗、戦慄、不眠、精神症状(ヒステリー)

上2番ライン

前側頭部頭痛、後歯痛、顎下部痛、胸痛、胸悶、回乳、喘息、手掌中心痛(↓)、指端麻痺(↓)

上3番ライン

高血圧、胸痛(前腋線部)

上4番ライン

頭頂部痛、耳鳴り、難聴、耳咽管梗塞、肩関節周囲炎(前腕痛)、下顎関節機能調整、胸痛(腋中線部)

上5番ライン

後側頭部痛、肩痛、肩周炎(肩外側部痛)、上肢知覚障害(麻痺・過敏)、上肢運動障害、肘関節痛、腕・指関節痛(↓)

上6番ライン

後頭部痛、後頭項部痛、頚椎・胸椎および椎旁痛

下1番ライン

上腹部脹痛、臍周痛、生理痛、こしけ、遺尿、陰部掻痒症、踵痛(↓)

下2番ライン

肝区痛、側腹部痛、アレルギー腸炎

下3番ライン

膝関節(内縁)痛

下4番ライン

大腿四頭筋酸痛、膝関節痛、下肢知覚障害(麻痺、過敏)、下肢運動障害、指関節痛(↓)

下5番ライン

股関節痛、足関節捻挫(↓)

下6番ライン

急性腰捻挫、腰筋過労、仙腸関節痛、座骨神経痛、腓腹筋痛、足底前部痛(↓)

腕踝針針法の刺鍼テクニック

使用する鍼は1寸5番や寸3-5番や8番

もちろん、和鍼でもできると思いますが、中国鍼の方が操作が楽です。

中国鍼

中国鍼

>>中国鍼の販売はカナケン<<

刺入方向は中枢に向けて水平刺。

詳細な対応疾患の中に(↓)とあるのは遠心性に刺入します。

背中やお腹辺りの場合、手を取穴するのか、足を取穴するのかは、膈兪を基準ラインにして上下を分けます。

膈兪穴

第7胸椎棘突起下外側1寸5分。

膈兪穴

膈兪穴

腕踝針針法はシンプルな理論でなりたっていますが、効果が高い治療法です。
わたしはシビレがある患者さんによく使用します。

最後に

治療技術を向上させるには何が必要かわかりますか?

古典を覚えることでも、解剖学を覚えることでもありません。

患者さんと向き合って「いかに臨床数を増やすか」と考えています。

覚えることも大切です。

しかし難しい理論を覚えるのなら、シンプルな治療技術を学び実践した方が良いです。

  • 何が効いて
  • 何が効かないのか

見定める目が養われます。

関連記事

陰陽理論は暗記をするな!視点や基準を設けて鍼灸治療にも活かす
陰陽はできるだけ自然と同じように考えます。 教科書のように◯◯は陽、◯◯は陰と決めて暗記するのは良くありません。 陰陽の属性、陽は外へ、陰は集まる陽は放散、拡散、外方向への属性陰は凝集、収束、内方向への属性陽はある地点から外に向かう。ある地...
治療は同じ施術を繰り返す。技術が向上しない人に共通する3つの事
先生の治療スタイルは何ですか?患者さんから聞かれる事はほとんど無いでしょう。だけど、治療スタイルしっかり完成していますか?しっかりとした治療=根幹をなす知り合いの鍼灸師に以前聞いたことがあります。私:「先生の治療法はどんなものですか?」知人...
鍼灸治療の共通言語を増やす。シンプルに身体を3つに分類しよう
鍼灸師が臨床で治療をしていくと、どうしても治りが悪い、改善に時間がかかる患者さんに遭遇すると思います。そんな時、同期の先生や、師匠に相談したりしませんか?「五十肩の患者さんだけど、どこのツボ使えばいいかなぁ」こういう相談を私もよく受けますが...
少数穴治療で効果を出す方法!一針ずつ取穴する鍼のイメージ
鍼灸師は鍼を使います。当たり前ですよね。しかし、鍼の本数は術者の技法や、患者さんの病態によって変わりますがどうしてでしょうか?私は独自のシンプルスタイル鍼法を使用して、少数穴で治療しています。少数穴治療は難しい事ではありません。ひよこ鍼灸師...
鍼灸治療の課題矛盾が多い東洋医学だからこそ客観性のある情報が必要です
鍼灸治療をしていて、施術の効果がうまく上がらない時があると思います。先生はどうしていますか?鍼灸師仲間に相談したり、先輩鍼灸師に相談していますか?それとも、ご自身で古典や解剖学を調べているのでしょうか?治療に関するダメな質問、ダメな回答ダメ...

難しい理論で臨床に挑んだ場合、迷いは患者さんに必ず伝わります。

コヒーレンス、コヒーレントと言われる状態がおこります。

コヒーレンス(Coherence)とは、波の持つ性質の一つで、干渉のしやすさ(干渉縞の鮮明さ)を表す。

波というと音や光を想像しますが、人対人でもおこります。

  • 病院の新生児室に行くと、なんとなく身体の調子がよくなる。
  • 病院の終末期医療のフロアに行くと、なんとなく身体が重く調子がよくない。

こんな経験ありませんか?

  • 悩みが重い患者さんが来院すると、やたらと疲れる。
  • 自分の体調が悪いときや精神不安定なときは治療効果が良くない。

臨床をされている先生はこういう経験もあるかもしれません。

東洋医学でいう「気」といった方が理解しやすいかもしれません。

しかし、本質を理解しないと「理解した気」になっているだけです。

こういう書籍を読むと本質を少しかいま見るコトができるかもしれませんよ。

コヒーレントを心拍と絡めた研究をしている団体もあります。

お知らせ1 朗報!!

開業届けは保健所だけじゃないですよ! 税務関係にも提出が必要です!

個人事業主の開業に必要な書類が無料で一括作成できる新しいサービスを発見しました。
開業届・青色申告承認申請書など各種書類に対応。

普通に手続きするとかなり面倒な書類が無料で作成できる『開業フリー』というサービスです。

メアドとPW、またはGoogleアカウント、Facebookアカウントですぐ登録できます。

無料なので登録だけはしておいてください。

▼簡単な質問に答えるだけで完成します▼

↑↑無料なので登録だけするならクリック↑↑

 

お知らせ2

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です