開業するのに電話番号決まっていますか?◯◯番号だけは使ってはダメな理由

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

鍼灸院を開業するときに必要なものがいくつかあります。

  • 治療道具
  • 店舗
  • ベッド
  • 治療着

そして、電話です。

今回は予約制の治療院には絶対必要な電話番号についてです。

鍼灸院に利用してはいけない電話番号とは

ずばり、携帯電話番号です。

  • 090-1234-5678
  • 080-1234-5678

開業しているけど携帯電話を利用している先生は、集客で損をしているかもしれません。

理由は

  • 安っぽくなる。
  • 信頼度が低くなる。

通常の電話番号とプラスアルファで、携帯電話も載せるのは良いでしょう。

ソフトバンク同士なら無料になるプランもありますよね。
050番号のIPフォンなら通話無料になる業者もありますよね。

ただし、基本は固定電話の番号を使うべきです。

サンプル治療院090サンプル治療院03

テンプレート M&DPROJECT

いかがですか?
いくらかっこいいホームページでも携帯電話だと信頼度が下がりませんか?

患者さんは比較検討して治療院を決定します。

同じような治療院が2つあれば固定電話の治療院を選ぶでしょう。

価格コムを知っていますか?鍼灸院でも重要な比較検討プロセス

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

治療院のブランド力を上げる電話番号

電話番号で治療院のブランド力も上がり、なおかつ見込み患者さんのリスクが無くなる番号とは

フリーダイヤルです。

業者によってはフリーコール、フリーボイスと呼ばれています。

0120から始まる番号ですね。

0120の番号は無料通話になると一般に浸透しています。

0800の番号もありますが、認知度が低いので、「無料」をアピールしないといけません。

freedial_logo

私自身の治療院の番号は0120です。

見込み患者さんの決断を後押しできます

同じような治療院があれば固定電話(03-)より、フリーダイヤル(0120-)の方がかけやすいし、安心感・信頼感が高まります。

サンプル治療院0120

他院との差別化をしたい先生は導入検討の価値ありです!!

フリーダイヤルは電話代が心配

通話代を抑える施策があります。

それは「折り返し」です。

やはり、最初の問い合わせの時、お話が長い見込み患者さんもいます。そういう時は折り返し電話にすれば良いですよ。

理由は何でも構いません。

「他の患者さん対応中なので、すぐ折り返しいたします。」

通話代も抑えられて、なおかつ信頼感が高くなります。

まとめ

鍼灸院を開業するには電話番号が必要です。
携帯電話を利用して開業するのは止めましょう。信頼度が下がります。

固定電話を最低でも準備しましょう。

他院との差別化をしたい先生はフリーダイヤルの導入を検討してください。
ブランド力が上がります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です