気血津液より気津液血がイイ5つの理由、並び替えるだけで臨床力がアップします

気血津液より気津液血がイイ5つの理由、並び替えるだけで臨床力がアップします

気血津液は東洋医学の場合、生体を作っているものと言われています。この気と血と津液、機能的に並び替えてみませんか?気と津液と血のそれぞれの役割や機能を理解する気は生命活動のエネルギーのようなもので機能としての現象を生じます。血は体を養う材料を...

記事を読む

赤い色は心に関係、鍼灸治療に活かすキーワード「酸素」と「炎症」

赤い色は心に関係、鍼灸治療に活かすキーワード「酸素」と「炎症」

自然界における赤色を考えれると、炎だったり、太陽だったり、美味しい熟した果実や、肉の色。まあイメージ通り「熱感」や「勢い」を感じるのが赤い色です。心と関係する赤色は心のもつ機能と同じ自然界の中で炎や太陽(見た目は赤じゃ無いかもしれませんが)...

記事を読む

肺と関係する白色、鍼灸治療では血の不足や冷えを表す。

肺と関係する白色、鍼灸治療では血の不足や冷えを表す。

白といえば、清純なイメージ、冷たいイメージがあります。東洋医学で白といえば肺と関係してきます。五色の白は自然界だと冷たい性質を示す寒い中で息を「ハーッ」とすると白い息になりますね。 窓ガラスやグラスが冷気や冷水によって結露します。白が光を反...

記事を読む

肝は木、青色に関係し、木は紺碧の空を目指す鍼灸治療では望診は使えない?

肝は木、青色に関係し、木は紺碧の空を目指す鍼灸治療では望診は使えない?

五行で肝というと青と関連しています。青というイメージを広げた方が肝との関わりが深くなります。肝と青と木々の色肝が示す性質は木木が目指す先には空空には紺碧の青が広がる青は空一面に広がる光の乱反射によって生じる色 肝のもつ拡散や放散の性質に通う...

記事を読む

3つの黄色を呈する病態、熱が極まる前の色が黄色、脾土と鍼灸との関係は

3つの黄色を呈する病態、熱が極まる前の色が黄色、脾土と鍼灸との関係は

五行論で黄色といえば、土、脾に関係すると学校で教わりましたね。今回は黄色に関してです。脾と黄色の関係、黄色はそこそこ熱の色胃は水穀を受納し、胃の熱によって腐熟胃は水穀と熱、陰と陽を含んで機能します。脾は燥を好み湿をにくみ、胃は順を好み燥をに...

記事を読む

ステロイドと腎と癌の関係、鍼灸治療の臨床で知っておくべき事

ステロイドと腎と癌の関係、鍼灸治療の臨床で知っておくべき事

腎が生命のスタートからゴールまでに関係しているのは、東洋医学を勉強されている方には常識ですよね。腎は生命の危機に必ず登場します。五色といえば、腎黒肝青心赤脾黄肺白、腎と黒の6つの関係 前回お伝えした黒と腎の関係でも、黒色を呈す時は危機的状況...

記事を読む

五色といえば、腎黒肝青心赤脾黄肺白、腎と黒の6つの関係

五色といえば、腎黒肝青心赤脾黄肺白、腎と黒の6つの関係

五色といえば青肝赤心黄脾白肺黒腎ですね。 鍼灸治療の臨床ではどう活かすと良いでしょうか?今回は腎と関係がある黒です腎は五色だと黒と関係 腎が黒というのは、腎のもつ特性、「封蔵」と合致します。 日常生活でも、経験則から黒色のうける印象は腎の性...

記事を読む

五行=相生相剋の理論が多いが、鍼灸治療の臨床で逆相剋を考えてみる

五行=相生相剋の理論が多いが、鍼灸治療の臨床で逆相剋を考えてみる

五行論といえば木→火→土→金→水→木・・のループ構造を思い出しますよね。木が燃えることにより火を生み出し火で物質が燃え尽きると灰(土)となり土の中にある成分が凝縮して金屬となり金脈の近くには水脈があり水は木を育てる若干無理矢理な例えもありま...

記事を読む

鍼灸師になるために歩んだストーリーその4

鍼灸師になるために歩んだストーリーその4

少し間隔があきましたが、わたしのストーリー完結編です。鍼灸師になるために歩んだストーリーその1 鍼灸師になるために歩んだストーリーその2 鍼灸師になるために歩んだストーリーその3突然すぎる鍼灸院のリストラ委託業務という形態で運営してきました...

記事を読む

相乗相侮は病的な状態、鍼灸臨床でも木乗土、木反侮金治療がある

相乗相侮は病的な状態、鍼灸臨床でも木乗土、木反侮金治療がある

前回、五行論の相生相剋の関係を説明しました。鍼灸治療で五行の相生相剋を活かす、施術では病的現象と考えると良い相生は生み育てる関係相剋は抑制の関係この関係性だけなら矛盾点は少ないです。だけど相乗相侮(そうじょう、そうぶ)となればい生体にはどの...

記事を読む