鍼灸師の年収は341万円。鍼灸で食べていく為の課題と近未来予測

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ュースでご存知の方も多いでしょうが、保育士と介護人材の処遇改善に関して、安倍首相は2%相当の賃上げ(月額約6千円)を平成29年度から実行すると表明しました。

保育士の業務は、はっきり言って鍼灸師より過酷で責任ある仕事だと感じています。

それなのに6,000円って・・。

保育士&介護人材の解決は当分無理なんでしょうね。

さて、同じ国家資格である

はり師・きゅう師の収入はいかほどでしょうか?

  • 年収341万円
  • 月収24万円

が平均のようです。

マッサージ・ハリ・灸師の平均年収・月収2014~2015|はたらいく

はり師・きゅう師だけで計算するともう少し安くなるはずです。

(マッサージ師は保険や往診を利用する場合、鍼灸資格のみの人より年収は高いです。)

当然安く感じますよね。

最低3年間養成機関に通学して、死ぬ気で国家試験をクリアしてはり師・きゅう師にやっとなれたのに・・・。

国家資格なのに・・。

学費や書籍代・研修代などを考えるとペイできずに諦めてペーパー鍼灸師になってしまう方もいるでしょう。

しかも、同じ国家資格である柔道整復師と比べると月収で2~4万くらいは安いです。

厚生労働省のサイトより

整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。

基本的に急性期・亜急性は保険を使えます。
保険が使える資格のため優遇されるのでしょう。

最近は不正請求が問題になっていますが。。

ご存知のとおり、鍼灸師でも保険を使えます。

主として神経痛、リウマチ、頸(けい)腕(わん)症候群、五十肩、腰痛症及び頸(けい)椎(つい)捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を主症とする疾患の治療を受けたときに保険の対象となります。

治療を受けるにあたって、保険が使えるのは、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。
保険医療機関(病院、診療所など)で同じ対象疾患の治療を受けている間は、はり・きゅう施術を受けても保険の対象にはなりません。

  • 同意書が必要だったりと手続きが面倒。
  • 医師が同意書を書いてくれない。

患者さんや鍼灸師も手間になるので保険を利用しない治療院がどんどん増えています。

しかし、鍼灸治療の潜在的なニーズは必ずあります。

過去ブログ

医の中の鍼灸師、大海を知らず。 鍼灸の利用率と鍼灸の市場規模について

しかし、

  • ハリは痛そう。
  • 治療法が鍼灸師によって違う。
  • 肩こりとかメンテナンスなどは整体や駅前のマッサージ店で十分。

一般の方は手軽な整体にどんどん流れているでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

鍼灸師の生き残る道と課題

簡単な肩こり腰痛は整体院や駅前マッサージ店に流れていってます。

そのため最近では治療ではなく美容の分野に鍼灸が進出しています。

しかし、このブーム?もいつまで続くかわかりません。

ひと昔前には、一般の人も知っていた、耳つぼダイエット。

最近はテレビや雑誌で話題になることもなくなりました。(笑)

こんな手軽な商品もあるんですね。

効果のある人もいたでしょう。
しかし、効果の無かった人もたくさんいました。

わたしは耳つぼ治療は他の用途には使いますが、ダイエット目的の人には使用しません。

食生活や生活習慣はそのまま。だけど、耳つぼだけで痩せた!

だったら本気で勉強します。

100万のセミナーでも参加しますよ。

しかし、しっかりとしたエビテンスがありません。

耳つぼダイエット = 生活習慣の指導+サプリメント

こういうものと理解しています。

美容鍼の流行りもいつまで続くかわかりません

こちらもエビテンスが乏しいのでこれからの業界団体のがんばりが必要でしょうね。

美容皮膚科の医師はニセ医学とまでおっしゃっています。

わたしも客観的にみてもそうだろうな。と思っています。

美容鍼で小顔に!!効果と理論が全く意味不明?!真面目な鍼灸師さんもいるのに残念。ニセ医学はここまで来ている。   五本木クリニック   院長ブログ

美容の分野の場合、施術+特別な時間を演出しないとダメです

静かで落ち着いた雰囲気の施術室。

南国のコテージにいるような極上のひととき。

イメージです。

未来では鍼灸師とひとまとめにされる時代が終わります

鍼灸師とひとまとめにされる時代が終わりつつある気がします。

ビジネスの場合、必ず他の業界団体で起こることが他業種にも起こります。

デパートが合併や閉店になる時代です。

なんでも揃う

より、

専門的な知識と商品を求めて顧客のニーズが変わってきています。

歯科医院も、

虫歯や歯周病治療をおこなう歯科医院

と、

審美歯科を専門的におこなう歯科医院

2極化していくでしょう。

なんでも食べられる定食屋思考より、振り切った思考(専門性に特化する)が必要になってきています。

鍼灸師の年収を上げるのは貧弱な鍼灸団体が力を合わせる必要があると思うのは私だけでしょうか?

治療院も、

大きな経営母体がある治療院(フランチャイズ店)

と、

専門特化した治療院

2極化していくでしょう。

都心部で起こる現象は、時差はありますが必ず地方でも起こります。

開業している先生、開業予定の先生は今一度考えてみましょう。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です