ネットで広告宣伝費は高騰して払えない。予算ゼロの弱小鍼灸院の最後の武器は◯◯

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

灸院を開業すれば患者さんが来ると思っている人は「まだ」いますか?

そういう幻想はすぐに捨ててください。

しっかり広告宣伝をしないといけません。

広告といえばポスティングや折込チラシ。

インターネットを利用した広告宣伝といえばリスティング広告と呼ばれるものがあります。

Googleで検索しても出てきますよね。(ごめんなさい、画像はYahoo!です)

リスティング広告右側枠無くなる

しかし、2016年2月19日(日本時間では2月20日)に大変革がおきました。

今回はアナグラムの記事を参考にしています。

Googleアドワーズ広告右側広告廃止

SEMリサーチで「Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ」と記事が出ていました。

一部除外された広告もあります。

  • 商品リスト広告
  • ナレッジパネル内の広告

Googleからの公式発表などはまだないようですが、検索してみると確かに出てきません。

リスティング広告右側広告出て着ない

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
「人を動かす言葉」「感動させる言葉」
ちゃんと使えていますか?
使えていないサイトはただの「ゴミ」です。
その理由とは、

12月25日まで特別価格

アドワーズ広告右側広告が無くなると

アドワーズ広告で患者さん集客をしていた治療院はクリック単価が上昇するはずです。

以前は検索結果に表示されていた広告は11本ありましたが、スマホで調べた時と同じくらいの本数になるでしょう。

スマホのリスティング広告

今回の変更によって、デスクトップは従来の最大11本から最大7本の広告までしか表示されなくなります。

常に1位から3位程度の順位で無いと表示されないコトになりそうです。

Googleはモバイル対応をドンドン推し進めています

広告費がどんどん高騰するかもしれません。

そうなってくるとひとり鍼灸院は大きなチェーン展開している整体院やマッサージ店に勝てないのでしょうか?

資金が無ければ患者さんが集まらない・・

そういう可能性は0ではありません。

エキテンのような口コミサイトに登録するのもありでしょうが、数年後にはどうなるかわかりません。

なぜならば、

  • エキテン ステマ
  • エキテン やらせ

などで検索してみてください。

ネットリテラシーが高い人はもうすでに知っているでしょう。

5点満点中5.0満点のお店の評価ってどうなんでしょうか?

広告費をおさえて集客するには

治療院からドンドン情報を発信し続ける必要があります。

それにはブログが一番良いです。

YouTubeも活用するともちろん良いですが、良質なテキスト記事には勝てません。

こういうブログを使った対策をオウンドメディアといいます。

過去ブログ

ブログで集客するには3つの鉄板テクニックで読みやすくする

ブログの書き方がわからない悩める鍼灸師よ!ブログの型を極めるのとオウンドメディア戦略で繁盛せよ

良質な記事をドンドン発信して閲覧者が増えると検索順位も上がりやすくなります。
激戦区で無ければ余裕で検索1ページ目になるでしょう。

過去ブログ

サイト検索順位を上げる秘訣はコンテンツファースト無料ツールもご案内

ホームページから患者さんが増えないんです!集客で増えないのは薄っぺらいからじゃない

オウンドメディアを勉強するチャンスです

「コンテンツSEOの秘密」を無料で公開12!

オウンドメディア公式サイト終了しました。

無料で登録すると東京大阪だけですが、無料のセミナーも開催されます。
もちろん参加しなくても動画で勉強できます。

鍼灸院のホームページを持つのは当たり前です。

しかし、ページ数が5ページくらいしか無い治療院も多数あります。

Googleは閲覧者の悩みに対して一番良い答えを提供するサイトを優遇します。

今は検索上位だから大丈夫です。

と思っていませんか?

Googleウェブマスター向け公式ブログで、2016年5月以降、モバイル用ページを用意していないと、ウェブサイトを検索結果から引き下げるアルゴリズムを展開する旨も発表されています。

しっかりとしたモバイル対策が必要です。

あと、昔からある鍼灸院の場合、相互リンクをしているホームページもあります。

現在はスパム扱いになる可能性が高いので対策した方が良いでしょう。

わたしもこれで苦労しましたが対策済みです。

ひとり鍼灸院は3つの選択しかありません

  • 広告費は高騰するが費用をかける。
  • 既存の患者さんと紹介だけを頼りに細々と運営する。
  • オウンドメディアを勉強して予算をかけずに集客する。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です