自律神経失調症やうつ病の鍼灸治療はネパールの山の神が教えてくれたその方法とは

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

鍼灸治療はメンタル疾患にもアプローチできます。

初心者鍼灸師には難しく感じるかもしれません。

肝鬱
心脾両虚
心腎不交

こういうキーワードが頭の中をグルグル回りますか?
中医学的な理解が出来ればとても良いです。

じゃあ初学者にはメンタル疾患は取り扱え無いのか?

そんな事はありません。
ある症状を理解できれば希望の光が見えてきます!

高山病はメンタル疾患と同じ

山に登ると呼吸が苦しくなります

自律神経失調症やうつ病、不眠症は高山病だ!

わたしが推奨しているシンプルスタイル鍼法は初学者にも理解しやすいようにできるだけシンプルに考える事を目的としています。

シンプルスタイル鍼法を考えるようになってから、中医学的な症状を現代医学的に考えるクセがつきました。

過去ブログ

赤い色は心に関係、鍼灸治療に活かすキーワード「酸素」と「炎症」

ひらめいたキッカケは忘れましたが、わたし自身のトレッキング経験があったからかもしれません。

昔、ネパールに鍼灸ボランティアに参加したご縁で、再度ネパールに訪れた時に2000m~3000m級の山にトレッキングに行きました。

一緒に行った友人はトレッキング中に嘔吐していました。
(もしかすると、ボロボロの飛行機に酔ったのかもしれませんが。。)

過去ブログ

鍼灸師になるために歩んだストーリーその2

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

高山病の具体的な症状

空気中の酸素や、二酸化炭素、窒素の成分比率は標高が上がっても変わりません。

しかし、標高がドンドン高くなると気圧が下がってくるので空気中の酸素の分圧も下がります。

低酸症状態によって呼吸や、循環器、中枢神経系の症状がでてきます。

山酔い

  • 高地肺水腫
  • 高地脳浮腫
  • 急性低酸素血症

の順で軽度から重症に分類されます。

高山病1

高山病2

山酔いの症状は

  • 頭痛
  • 不安感
  • 疲労感
  • 口渇
  • 脱力感
  • 不快感
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 興奮
  • 思考力低下
  • 息切れ

高地肺水腫の症状は

  • 安静時呼吸困難
  • 咳嗽
  • 喀痰
  • チアノーゼ
  • 頻呼吸
  • 重症例では尿量減少、四肢や顔面の浮腫

高地脳浮腫の症状は

  • 激しい頭痛
  • 運動失調
  • 行動異常
  • 傾眠
  • 幻覚
  • 振戦
  • 脳神経麻痺
  • 昏睡

急性低酸素血症の症状は

  • 見当識障害
  • 精神障害

いかがですか?

自律神経失調症やうつ病、不眠症の患者さんは色々な不定愁訴を訴えます。

ほとんどが上記の症状に該当してきます。

鍼灸治療で自律神経失調症やうつ病、不眠症を施術するために

まずは患者さんにセルフケアを説明する。
そう高山病対策をお伝えします。

酸素を意識的に取り入れる(後述)
一日数回携帯酸素を吸ってもらうのも良いでしょう。

携帯酸素 O2 5L

1日3リットル以上の水分補給
水分が不足すると血液粘度が上がってしまいます。

ゆっくり行動する
普段のペースで行動すると動悸息切れを起こしやすく、パニック障害を引き起こす可能性もあります。

保温
身体が冷えれば血流も悪くなります。

鍼灸治療では酸素を吸える身体に作り変える

身体のバランスを確認すれば、患者さんの1番楽な姿勢=空気が吸える姿勢がわかります。

過去ブログ

鍼灸治療の共通言語を増やす。シンプルに身体を3つに分類しよう

自律神経失調症を鍼灸治療で施術する!初心者鍼灸師よ恐れるな呼吸を確認せよ

脈診、舌診が苦手なダメダメ鍼灸師がわずか数分で完璧な理論で鍼灸治療できたワケとは

  • 前後の傾き
  • 左右の傾き
  • 左右のねじれ

を確認します。

基本取穴は

  • 大椎穴(4番)
  • 陽陵泉穴(5番)
  • 太谿穴(3~5番)

あくまでも取穴は参考に!
数字は鍼の番手です。

過去ブログ

大椎というツボの効果、鍼灸の目的は陰陽の調整、大椎穴だけでOK

時間短縮と治療家の迷いを解消するために最低必要な14個のツボ

陽陵泉穴や太谿穴は傾きとねじれを確認して取穴しています。

ヒラメキを大切にしてください。

鍼灸治療でメンタル疾患を取り扱うためのまとめ

鍼灸治療で自律神経失調症やうつ病、不眠症を施術する場合は高山病の理解が必要です。

中医学的な診断も出来ればなお良しですが、まずは出来るだけシンプルに考えましょう。

高山病の理解ができれば次は施術です。

身体のバランスを確認して、患者さんの楽な姿勢を見つけます。

あとは楽な姿勢が、他人からみても本人自身も真っ直ぐ自然な姿勢に作り変えるだけです。

わたしは基本取穴を

  • 大椎穴(4番)
  • 陽陵泉穴(5番)
  • 太谿穴(3~5番)

を利用します。
取穴はあくまで参考に!ヒラメキを大切にしてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ぜひ、シェアしてください。
ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です