ノウハウコレクターを脱出する方法。勉強熱心な人がはまるワナ

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

灸師の先生はマジメで勉強熱心な方が多いです。

鍼灸学校時代も予習復習をしっかりやって、夜遅くまで、そして休日も勉強している。

そしてマジメな先生は開業してからもマジメです。

  • 先生自身でチラシやホームページを作ったり
  • ブログも書いています
  • FacebookやTwitterなどSNSも利用して情報発信しています

鍼灸院が繁盛するために片っ端からマーケティングや治療技術を向上させるために取り組んでいます。

とくに治療技術に関しては、書籍を購入したり、勉強会に参加したり。

新しい情報が入ってくると、どんどん「新しい」知識を吸収しては、「やりたいこと」「やるべきこと」を増やしていきます。

だんだん忙しくなってくると時間管理術を学んだり、体調管理のために気功やヨガを習いだしたり、とにかく鍼灸師を極めるために頑張っていますね。

ノウハウコレクターをやめましょう。

ノウハウコレクターを脱出しよう

しかし、頑張って努力した割には

  • 思っていたより売上げが上がらない
  • 患者さんが増えない
  • 治療技術が向上しない(時間短縮できない)=患者さんが治らない

むしろやることが増えて、前より忙しくなっただけ。

期待していた成果が出ないのはなぜだろう・・・?

ふと思ったことありませんか?

  • 昼夜問わず治療のことを考えているのに
  • 人脈も増えているのに
  • 以前より明らかに知識も増えているのに

こういうのを真面目ループの罠とでも呼びましょう。

真面目ループは、ノウハウコレクターと呼んでもいいでしょう。

この本に原因と解決のヒントが書かれています。

今回は書籍の内容に沿ってお伝えします。

インターネットビジネスマニフェスト   書店では手に入らない本格ビジネス洋書のダイレクト出版 - 小川忠洋

インターネットビジネス「マニフェスト」

インターネットビジネスマニフェスト   書店では手に入らない本格ビジネス洋書のダイレ54クト出版 - 小川忠洋

インターネットビジネスマニフェスト   書店では手に入らない本格ビジネス洋書のダイレクト出版 - 小川15忠洋

作者はリッチ・シェフレン。
リッチは米国の起業家で、潰れかけだった家業の服飾店を3年で約6億5000万円に急増させました。

その後、催眠療法センターのビジネスを立ち上げ、たったの4年で約7億円のフランチャイズに成長させました。

内容は主にインターネットビジネスに関してですが、ビジネスだったり、「学び」に関することにも応用できます。

テストマーケティング期間中は2,980円の書籍が無料です。
送料手数料550円は必要です。

インターネットビジネス「マニフェスト」

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

ノウハウコレクター脱出法

勉強熱心=いろいろな事に手を出しすぎている

わたしも色々なものに興味をひかれて勉強してきました。
かなり遠回りしたと感じています。

しかし、無駄な遠回りも必要です。

イチロー選手も対談で同じような事を言ってました。

過去ブログ

イチロー・稲葉さんの対談。イチローの脅威の身体能力は心と体のバランスにあった

色々なことに手を出す=ツマミ食いになっているなら。

今「自分に何があってるか?何だったら続けられるか?」

ということを基準にビジネスを選択したり、技術を選択します。

例えば、売上げアップのために美容鍼灸を導入している先生もいるでしょう。
単価が高いので経営には良いかもしれません。

  • 自分にあっていますか?
  • 美容鍼灸を続けられますか?

美容に興味が無いのに売上げアップだけが目的で続けていくのは無理が多いです。

  • 美容に関する基礎知識が必要です。
  • 患者さんに未来をイメージさせる必要があります。

先生自身が身だしなみや肌の手入れなど美しさを追求しないとダメでしょう。
男性の先生もですよ。

過去ブログ

鍼灸師としての身だしなみは適切ですか?こんな鍼灸師は嫌だ!

自分の強みを磨くことにフォーカスしていく

先生の強みは何ですか?

即答できますか?

看護師免許を持っている。

強みです。

学生時代野球をやっていた。

強みです。

投げる・打つ・走るという運動学の知識は日常生活にも落とし込めます。

自分自身、大病を患った経験がある。

強みです。

同じ病気の患者さんはもちろん、患者さんの気持ちにより添えます。

だれでも必ず1つは強みがあります。

ちゃんと認識しておきましょう。

強みが理解できていれば、専門特化した鍼灸院も開業できます。

絶対に必要な最小限のタスクに集中する

タスク=課された仕事。課題。

鍼灸治療だと、色々流派が星の数ほどあります。

過去ブログ

鍼灸流派は何ですか?◯◯流鍼灸、見込み患者さんは全く興味ありません

これは!と思った施術法を見つけたらとことん追求していきましょう。

必ず守破離の段階を感じてきます。

自分自身の知識が増えていくと勉強している流派への疑問が出てくるでしょう。

  • 先輩や講師へ質問して的確な回答が無かった場合
  • 対応できない疾患があった場合

次の段階にいかないとダメでしょう。

ビジネスの場合、ひと昔前なら

  • ミクシィを利用する
  • アメブロを利用する

こういう話が多かったです。

最近だと、Facebookは当たり前、YouTube、InstagramやLINEをビジネスに利用する。

次から次へと新しいツールが出てきます。

マルチタスク思考だと、新しいツールに飛び込みたくなります。

まずは決めたタスクに集中する必要があります。

タスクを継続すると、当たり前の業務となっていきます。

チャンス追求型から戦略型になる

眼の前の甘美な情報に流されて、いつも成功者の後追いに終始していませんか?

一獲千金を目指していませんか?

先ほどの例でいうと、美容鍼灸は良い例でしょう。

成功している治療院はどんどんリスティング広告や、雑誌への掲載(有料で掲載しているのも含む)で美容鍼灸といえば◯◯というブランディングをしています。

後追いではじめた先生は、「技術力だけでは成功しない」と認識しておく必要があります。

自分の強みを生かす分野でのビジネスを戦略的に展開する必要があります。

競争優位性こそがビジネスの命

真のビジネスは、最初のステップから長期的競争優位性の確立に邁進するビジネスです。

人に雇われるのはイヤだから開業した先生もいるかもしれません。

しかし先生以外の誰とも取って代えられることはないビジネスに着手すべきです。

そして、それを生涯に渉って継続・拡大させるスキルを身に付けなければなりません。

ほかにもビジネスや技術向上のヒントが知りたい方は無料期間中に書籍を手にするのをオススメします。

インターネットビジネスマニフェスト   書店では手に入らない本格ビジネス洋書123のダイレクト出版 - 小川忠洋

インターネットビジネス「マニフェスト」

まとめ

鍼灸院が繁盛するために片っ端からマーケティングや治療技術を向上させるために取り組んでいます。

しかし、頑張って努力した割には

  • 思っていたより売上げが上がらない
  • 患者さんが増えない
  • 治療技術が向上しない(時間短縮できない)=患者さんが治らない

ノウハウコレクター脱出法

色々なことに手を出す=ツマミ食いになっているなら。

今「自分に何があってるか?何だったら続けられるか?」

ということを基準にビジネスを選択したり、技術を選択します。

  • 自分の強みを磨くことにフォーカスしていく
  • 絶対に必要な最小限のタスクに集中する
  • チャンス追求型から戦略型になる
  • 競争優位性こそがビジネスの命

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です