自律神経失調症を鍼灸治療で施術する!初心者鍼灸師よ恐れるな呼吸を確認せよ

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

鍼灸治療院には、色々な患者さんが来院されます。
腰痛に悩む人、自律神経失調症と悩んでいる人。

さて、メンタル疾患の人は呼吸が上手くできていません。

呼吸ができないと自律神経の異常を起こします

呼吸のしくみを復習してみましょう。

呼吸と自律神経失調症

鍼灸治療で自律神経失調症の施術をするなら呼吸の関係性を理解する

簡単な実験をしましょう。

肋骨が上下する間隔を理解する。

脇腹の上あたりに手を当てて、肋骨に触れながら息を吸ってみてください。

どうですか?その手が上に動くのがわかりましたか?

息を吐いていくと、肋骨がまた下に動きます。

えっ!?動かない??

そんな先生は、上手に腹式呼吸ができています。

胸式呼吸を意識してもう一度やってみてください。

胸式呼吸をすると肋骨が上下に動く。

これは鍼灸治療の臨床に役立つのでしっかり覚えておいてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

▼ついにJCBカードも対応。手軽さと手数料の安さが魅力です▼ ↑↑くわしくはバナーをクリック↑↑
私も使っています。開業するなら必ず契約しましょう。

 

呼吸をするには筋肉の作用が必要、その筋肉が鍼灸治療に重要

胸郭は肋骨と脊柱と胸骨で構成されていますね。

胸郭

呼吸をすると胸郭が動きます。

この動きが肋骨の上下する間隔です。

  • 息を吐き出すと肋骨が下に動きます。
  • 息を吸うと肋骨が上に動きます。

動きのイメージはバケツの持ち手です。

下になれば角度が大きくなり、上になれば角度が水平になってきます。

バケツ

胸郭を動かす筋肉を復習しましょう

横隔膜

内肋間筋

外肋間筋

教科書的にはこの辺りが最初に出てきます。

鍼灸治療の臨床で重要になってくる筋肉は

胸鎖乳突筋

斜角筋群

内外腹斜筋

腹横筋

腹直筋

臨床では重要になってきます。

呼吸の有無を鍼灸治療で確認する具体的な方法

わたしは体の動きを3つの動き

前後屈

左右側屈

左右回旋

に、分解して検査しています。

過去ブログ

鍼灸治療の共通言語を増やす。シンプルに身体を3つに分類しよう

確認できたら、そのままの姿勢で呼吸をしてもらいます。

今度は、3つの動きで、動きやすい=楽な姿勢になって呼吸をしてもらいます。

100%後者の方が呼吸が楽にできるようになります。

たまに変わらないという患者さんがいます。

こういう患者さんは他覚的にみて

  • まったく捻れない
  • 側屈の差が大きい

しかし、本人は自覚がありません。

付き添いの人がいれば観てもらうと良いのですが、なかなかそうはいきません。
こういう人は治療前から、「時間かかりますよ」と伝えています。

普段の姿勢で呼吸ができていないので、胸郭を動かす筋肉も疲弊しています

教科書的には、呼吸の補助筋と紹介されている

胸鎖乳突筋

斜角筋群

内外腹斜筋

腹横筋

腹直筋

が、治療対象になってきます。

パッとみても、体の前側にある筋肉だとわかりますよね。
人の体は前かがみになりやすいですよね。

過去ブログ

背部痛はアナトミー・トレインの浅前線浅後線の関係を考えて、鍼灸治療に活かす

そうすると、背部の筋肉も姿勢を保持するためにがんばっています。

体の無駄な緊張があれば、自律神経も交感神経が優位になり不眠になったり、動悸がしたり色々な症状がでてきます。

自律神経失調症の人は背部の緊張を取る事を優先してはいけません。

なぜならば、屈曲に関与する筋肉が整わずに、背部の緊張を摂り過ぎると

  • 姿勢をキープできない
  • ダルさや辛さ

を、患者さんに与えてしまいます。

しっかり、呼吸に関係する筋肉
胸鎖乳突筋、斜角筋群、腹斜筋、腹横筋、腹直筋

の状態を整えてあげないといけません。

そして、胸鎖乳突筋、斜角筋群、腹斜筋、腹横筋、腹直筋は体の側屈や回旋にも関係してくるので、左右同じようにアプローチする必要はありません。

  • 側屈が強い側
  • 回旋が強い側

へのアプローチを優先しましょう。

しっかりアプローチできれば初心者鍼灸師でもメンタル疾患にも対応できます。

関連ブログ

鍼灸治療で重要な腎を理解してうつや自律神経失調症の治療に活かす

筋骨格系疾患とメンタル疾患の関係性、肝の機能を理解できれば異病同治ですよ


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ1 朗報!!

開業届けは保健所だけじゃないですよ! 税務関係にも提出が必要です!

個人事業主の開業に必要な書類が無料で一括作成できる新しいサービスを発見しました。
開業届・青色申告承認申請書など各種書類に対応。

普通に手続きするとかなり面倒な書類が無料で作成できる『開業フリー』というサービスです。

メアドとPW、またはGoogleアカウント、Facebookアカウントですぐ登録できます。

無料なので登録だけはしておいてください。

▼簡単な質問に答えるだけで完成します▼

↑↑無料なので登録だけするならクリック↑↑

 

お知らせ2

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です