イチローの名言集から学ぶ治療家としての心構え

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

先生には師匠と呼べる人はいますか?
鍼灸治療の技術だけで無く、その生き方や考え方まで全てコピーしたい位の人物です。

私には残念ながら師匠はいません。
素晴らしい技術を持った先生との出会いがあり、私の「今」がありますが、生き方や考え方まで全て共感できる人物にはまだ出会っていません。

だけど私は師匠がいなくても大丈夫です。

メンターがたくさんいるからです。

私は師匠よりメンターを作る事をオススメしています。

メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。

師匠の場合、指導や助言というよりこちらから教えてもらう立場になりますが、メンターの場合、あなたを指導したり、助言してくれます。

考え方や生き方を示してくれるメンターは、鍼灸師や治療家で無くてもOKです。

今回は、メジャーリーグのイチロー選手にあなたのメンターになってもらいます。
イチロー選手の言葉は、鍼灸師という匠の技を求める人達にもピッタリ当てはまります。

イチロー選手は日米通算安打数で世界記録更新したり凄さが止まりません。

5788132437_6414aba21f_z

_MG_0355.jpg | dorkvater

イチロー選手の名言

○小さいことを重ねることがとんでもないところに行くただ一つの道だ。

鍼灸学校の頃を思い出してください。

ツボを一つずつ覚えていく事が先生の道を作り上げてくれました。

○自分で無意識にやっていることを、 もっと意識をしなければならない。

鍼灸院を一人でやっていると、だんだん自己流の考えや甘え、おごりが出てくる場合もあるでしょう。

無意識でやっている事ありませんか?

施術中の会話を一度録音することをオススメします。

無意識のうちに発している、言葉の癖や、良くない表現などがわかります。

患者さんにしてもそうです。慢性的な痛みや痛くなった理由がわからない場合、ほとんどが日常生活で無意識におこなっているコトが原因です。

立ち方・座り方、注意してもらいましょう。

○自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ。

たまに技術に自信が無いのに開業した先生もいます。

一人で悠々自適にやっていく。それもいいかもしれません。

だけど治療以外でも構わないので誇りに思える何かを持つべきです。

○妥協は沢山してきた。 自分に負けたこともいっぱいあります。 ただ野球に関してはそれがない。

治療家も同じではないでしょうか?

私自身もダメと思う部分はたくさんあります。ただ治療に関しては妥協していません。

手抜きや妥協は患者さんは気が付きます。

○満足の基準は少なくとも、誰かに勝ったときではありません。自分が定めたものを達成したときに、出てくるものです。

治療は勝ち負けではありませんが、満足の基準を患者さんが治った時にするべきではありません。

先生が定めたものを達成したときに出てくるものです。(いつもより治療を5分短縮する、いつもより取穴数を少なくする。)

○同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、ぜんぜん結果は違ってくるわけです。

これとても大事です。

リピートしてくれる患者さんにいつもの治療をしていても進歩しません。自分で課題を決める。(局所を使わずに痛みが取れるか等)

仮説をたてて実践する。結果がどうあれデータとして蓄積され技術向上に繋がります。

○気持ちが落ちてしまうと、それを肉体でカバーできませんが、その逆はいくらでもあります。

不思議な事に治療にも出てきます。

イライラしていたり、悩みがあると治療結果に影響が出てきます。

どこかが痛かったり、体調が悪くても集中力が高まれば治療効果が良かったりします。

○準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

○手抜きをして存在できるものが成立することがおかしい。

局所に鍼をすれば鎮痛の効果もあり、その場は良くなるでしょう。

準備を理論と考えれば、矛盾のある理論は捨てたり、磨き上げる。
適当に打つ鍼は適当に良くなり、適当に悪くなる。

○何かを長期間、成し遂げるためには、 考えや行動を一貫させる必要がある。

今日は経絡治療の考え方。明日は中医学的に考えて治療しよう。まったく一貫性がありません。

独自のスタイルで治療するのもいいいでしょう。

ただしそこには一貫性のある理論を構築しなければいけません。

○努力せずに何かできるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうだと思う。

技術があって、治療院の売上も上がっている、俺は天才だ!と思った時点で進歩はありません。すごい治療家ほど謙虚で努力家です。

○第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい。

どうして治療家になったのですか?

どうして治療家を目指したのですか?

「一人でも多くの痛みで悩んでいる人を助けたい。」そんな思いがありませんでしたか?

最初に思い描いた鍼灸師像になっていますか?

○苦悩というものは前進したいって思いがあって、それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから苦悩とは飛躍なんです。

私もたくさん失敗をして、「鍼灸師になるんじゃなかった。」と苦悩した事もあります。

先生にも色々な苦悩があるはずです!それは飛躍する一歩前ですよ!がんばりましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

イチロー日米通算安打数(4257本)を更新後の会見

「ここにゴールを設定したことがないので、実はそんなに大きなことという感じは全くしていないんですけど、それでもチームメートだったり、記録の時はいつもそうですけどファンの方だったりと、ああいう反応をしてもらえるとすっごくうれしかったですし。そこですね。それがなかったら、何にも大したことないです」

「僕としては日米合わせた数字ということで、どうしたってケチがつくことは分かっているし、ここに目標を設定していなかった」

日米通算安打数でピート・ローズの持つメジャー歴代最多安打記録(4256本)を更新したときの会見でのイチロー選手の言葉。

ここで大切なのは、ゴールの設定です。

鍼灸院を開業したい先生に言いたいのは、開業がゴールでは無いですよ。

「そんなコトはわかってる!」

そういう先生や鍼灸の学生さんはいるでしょう。

しかし、実際のところ、ゴール(開業)はしたいけど、どうすれば良いか解らない。

技術にはそこそこ自信があるけど・・開業には向いていないのかも。。

こういう相談をだいたい受けます。

イチロー選手もいきなり達成したわけではありません。

生涯打率も3割くらいでしょう。

10回のチャンスのうち7回失敗しています。

イチロー選手の努力は誰しもが認めるでしょう。しかし7回失敗しています。

だから恐れずにゴールを設定するのはとても大事です。

「子どもの頃から人に笑われてきたことを常に達成しているという自負がある」
(小学生の頃)「あいつ、プロ野球選手になるのか」と笑われた。

大リーグへ移った時は「首位打者になってみたい」

常に人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはある。

夢を語って笑われたコトありますか?

わたしはカリスマ鍼灸師になる。と言って学生時代に笑われました。

有言実行はめちゃくちゃ大変です。

大変だからこそ、口に出して言うのは「覚悟」と「本気」が必要です。

武井壮さんも同じことを語っていました。

関連記事

鍼灸学校勉強法は武井壮に学べ!暗記法より重要なたった1つのコト
武井壮さんから学ぶ第二弾!今回は鍼灸学校の学生さんに是非読んでほしい内容です。卒業しちゃうとみんなが今以上に好きなものを好きなだけ手に入れていい時間はやって来ない。それぞれの学問の分野で認められた先生がいて、好きなだけ学んでいいですよって皆にプレゼントくれる場所

関連記事

イチロー・稲葉さんの対談。イチローの脅威の身体能力は心と体のバランスにあった
イチロー選手の名言集を以前お伝えしました。過去ブログイチローの名言集から学ぶ治療家としての心構え今回は報道ステーションで放送された、イチロー選手と稲葉氏の対談を文字起こししました。治療技術に繋がる話が出てきたのでシェアします。イチロー選手・...

まとめ

一人治療院でも先生を指導してくれるメンターはたくさんいます。イチロー選手のように挑戦し続ける人の言葉はココロに響きます。

あなたのメンターはテレビの中や漫画の中にもいるかもしれません。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ぜひシェアしてください。
ご質問もお待ちしております。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です