チラシの作り方は3つのポイントをおさえる。不安を解消しよう

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

昔ながらの方法ですが、チラシを配るのもまだまだ有効な手段です。

チラシを作成するのに何を書くべきか?

先生は作成を業者まかせになっていませんか?

印刷業者は印刷物のプロであっても集客のプロでは無いかもしれません。
これはホームページでも同じことです。

今回はチラシ作りのヒントです。チラシの作り方の参考にしてください。

6274976292_d1b6838063_z

The Midnight Flyer, Frederick W. Hager and E. T. Paull sheet music 1903 | William Creswell

チラシで知りたいのは3つの情報です

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

よくあるチラシのダメな例

1231

このチラシだと患者さんの不安を解決する「知りたいこと」が載っていません。

知りたいこと= 解決しないと治療院の電話が鳴りません。

1,安心の情報

院長の顔写真

紙面の制約がありますが、必ず載せるようにしてください。名前は無くても顔写真は絶対必要です。最低でもイラストです。

治療院の顔=院長先生ですよ。

お店の内観や外観写真

チラシはカラーの方がいいですが、モノクロでも構いません。お店の内観だったら施術室(ベッド)の写真がいいでしょう。

外観は患者さんが前を通った時に見てもらえる感じで撮影しましょう。

2,信頼の情報

技術のこだわり(他の治療院とどう違うのか)を記載しておきましょう

ここでしっかりアピールしておかないと来院して欲しい「理想の患者さん像」がズレてしまいます。

結局院長先生のストレスになったり、リピート率が上がらない結果になってしまいます。

実績や院長先生のプロフィール

「臨床歴は何年で今までこういう疾患を経験してきました。」
プロフィールは出身地などを書いておくと「感情のフック」に引っかかる率が上がります。

先生もこんな経験ありませんか?
趣味が同じ・出身地が同じだと急に話が盛り上がる。
チラシを観た方も同じです。

患者さんの声

やはり患者さんの「生の声」は重要です。

鍼灸学校卒業後すぐ開業するなら、友人や家族を治療しての感想をもらっておきましょう。

3,限定性の情報

このチラシを観たら◯◯割引など書いておきましょう。
魅力的なオファーを記載するのはマーケティングで重要です。

「安売りはしない!」と考えている院長先生なら何か別のモノ(施術時間延長やお灸をプレゼント)を考えましょう。

まとめ

1,安心の情報、2,信頼の情報は新規患者さんの不安を解消する情報です。
3,限定性の情報は「今度行ってみよう」という考えを「お得だし行ってみよう」に変更します。

人は忘れる生き物です。リピート対策でもそうですが、「忘れさせない事。」「今すぐ行動させる。」これが重要です。

新規の患者さんは、鍼灸治療というわからない治療法には不安がいっぱいです。
だけど、「慢性の腰痛を改善するには鍼灸がいいのでは?」
と、興味を持ってくれています。

・鍼灸とはどういうものか
・先生の技術は上手なのか
・先生は男性なのか女性なのか年齢は?
・鍼灸治療の服装は?下着にならないとダメなの?
・どんな人が通院しているの?

まだまだたくさんあるでしょう。患者さんや家族や友人に鍼灸のイメージや、鍼灸について知っている事、知りたい事をリサーチしておきましょう。新しい発見が必ずあるでしょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です