コンバージョンを計算しよう。売上げ戦略をしっかり数字で出す

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

先日のブログにも少し書かせていただきましたが、

腎虚って何?説明不足だと売上げ低下と裸の王様になってしまう理由

コンバージョン(CV)について今回は詳しくお伝えします。

コンバージョンもそうですが、しっかり数字を算出することが鍼灸院経営には必要です。
ドンブリ勘定だと、せっかくの売上げアップのチャンスを逃していますよ。

photo_00460

コンバージョンとは

鍼灸院のホームページを観てくれた見込み患者さんが、何件問合せの電話、もしくは来院したかを指します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

コンバージョン率

問合せや予約に至ったものをしっかり数字に出します。

計算方法は鍼灸院のホームページの、1ヶ月(一定期間内)のコンバージョン件数を、同じ期間内のアクセス数、または実際にサイトに訪問してくれた人数(ユニークユーザー数)で割って算出します。

例)
来院数:12件(コンバージョン)
ホームページへのアクセス数:200アクセス

コンバージョン率: 12÷200=0.06

このコンバージョン率が高ければ高いほど、ホームページの完成度が高いといえます。

チラシにも利用できる

何もホームページだけでは無く色々な広告やキャンペーンに利用できます。

チラシの場合、季節によっての違いなどもあるかもしれませんが、同じ条件で(配布する地域や枚数)計測するとより信頼度の高いコンバージョン率が計測できます。

例)チラシ

1丁目から2丁目にチラシAを1000枚配る。
チラシを持って来院した患者さんが10名

コンバージョン率: 10÷1000=0.01

1丁目から2丁目にチラシBを1000枚配る。
チラシを持って来院した患者さんが20名

コンバージョン率: 20÷1000=0.02

チラシBの方がコンバージョン率が高い=成約数が良いと言えます。

費用対効果を知る

わかりやすいのでチラシで説明します。
先ほどのチラシAは、先生が自作したのでコピー代10円+配達業者へのコスト1000円

10円✕1000枚+1,000円 = 11,000円 

チラシBはデザインなど作成を業者に全て丸投げなので1枚のコストが40円+配達業者へのコスト1000円

40円✕1000枚+1,000円 = 41,000円

コストはあきらかにチラシBが高くなっています。

コンバージョン率でみるとチラシBの方が良かったのですが、

来院した人数(コンバージョン)で考えると

チラシA
11,000円(広告費用) ÷ 10名(コンバージョン数) = 1,100円

チラシB
41,000円(広告費用) ÷ 20名(コンバージョン数) = 2,050円

患者さん1人来院するのにチラシAの方が費用を抑えて集客できているのがわかります。
こういう計算は顧客獲得単価(CPA)といいます。

治療院の場合LTV(ライフタイムバリュー、顧客生涯価値)を無視できないので、一概に高い安いは言えませんが、治療院の広告費の上限に照らし合わせて考えてみてください。

リピートの秘訣LTVライフタイムバリュー患者さんをひいきする

コンバージョンを上げるポイント

ホームページやチラシを作成する時にどうすれば、コンバージョンが高くなるかお伝えします。

1.専門用語は使わない

鍼灸院でよくあるのが、専門用語を使いすぎです。

腎虚だったり、経絡だったり。
一般の人は意味不明です。

腎虚はなんとなく腎臓が弱い。と理解できるかもしれませんが、現代医学の腎臓とは違いますよね?

ホームページなどの文章は小学生が読んでもわかるレベルにするべきです。

2.患者さんの行動に合わす

ホームページやチラシで電話番号がどこにあるかわからない。
地図が無く住所だけ。

どういう行動をするか考えましょう。
面倒だと途中で止めてしまいます。

個人的な意見ですが、楽天市場のサイトはとても見辛い。

3.不安を無くす

料金などが明確で無いと患者さんは怖いので予約をしません。
値段がわからない店には入店しにくいですよね。

先生の顔写真が無かったり、プロフィールが無かったりするのも不安です。
鍼の衛生面がわからないのも患者さんは不安です。

今や鍼灸院や治療院はたくさんあります。不安があったり、見辛いサイトは敬遠されます。

もう一度見直してコンバージョン率を上げていきましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です