「 治療理論診断学 」一覧

鍼灸の脈診は5つの気の作用を理解するとグッと技術向上します

鍼灸の脈診は5つの気の作用を理解するとグッと技術向上します

脈診ってきくと経絡治療を思い描く先生が多いのでしょうか?それとも中医学を思い描く先生が多いのでしょうか?流派によって脈診のやり方や理論が若干違っているのは不思議に感じるのは私だけでしょうか?脈診って奥は深いのですが、深みにハマりすぎていると...

記事を読む

脈診の基礎は平脈から、8つの分類分けで平脈をマスターしよう

脈診の基礎は平脈から、8つの分類分けで平脈をマスターしよう

脈の知識は色々ある診断のツールの1つ(←これ重要です。)として使えます。病脈はもともと正常な脈(平脈)からの変化ですので、病脈を知るにはまず平脈を知らなければなりません。病んでいる脈(弦脈や遅脈など)はもともとは正常な脈からの変化なので、脈診の基礎として平脈を勉強しないとダメです

記事を読む

アナトミートレインで鍼治療をやってみる。身体の繋がりを意識する

アナトミートレインで鍼治療をやってみる。身体の繋がりを意識する

鍼灸治療をやっていくと新しい治療法や研修会を渡り歩く人がいますよね。人の心理として「探究心」があるので当然です。そういう先生に限って中途半端に終わってしまい、「自己流鍼灸」になっています。だけど、自己流鍼灸も根拠・エビテンスがしっかりしてい...

記事を読む

舌診してますか?歯痕舌や淡白舌の診断のポイントまとめました

舌診してますか?歯痕舌や淡白舌の診断のポイントまとめました

舌診は診断のツールとしてすぐれているばかりでなく、鍼灸院の経営にもプラスになります。露出した内臓内臓の鏡と、舌は言われます。現在の中医学の臨床において、舌診は弁証論治するうえで欠くことのできないものとなっています。過去ブログ舌診を使って鍼灸...

記事を読む

標治法本治法の違いを理解して、診断検査のレベルアップを達成する

標治法本治法の違いを理解して、診断検査のレベルアップを達成する

鍼灸治療でたびたび出てくる「標」と「本」東洋医学独特の考えですよね。標と本 標と本を考えるには必ず「証」をたてる必要があります。 証とは何だ東洋医学独特の考え方で病の本質を示し、治療の指針となるもの。四診によって導き出された病の全体像であり...

記事を読む

治未病とは鍼灸治療がもつ底力をガンガン活用すると理解できる

治未病とは鍼灸治療がもつ底力をガンガン活用すると理解できる

治未病(ちみびょう)鍼灸師や鍼灸学生さんなら聞いたコトありますよね?神奈川県はコマーシャルでも取り上げています。しかし治未病(ちみびょう)とはどんな意味なんでしょうか?未だ病まざる病を治すという意味?未だ病まざる病を予防するという意味?どっ...

記事を読む

頚椎症の症状を鍼灸治療でどうアプローチする風池天柱、馬鹿の1つ覚えになってない?

頚椎症の症状を鍼灸治療でどうアプローチする風池天柱、馬鹿の1つ覚えになってない?

鍼灸での死亡事故について先日ブログでお伝えしました。過去ブログ 刺鍼事故、先生は死亡事故を起こしたコトがあります?実は…ある程度の鍼灸理論と人体解剖の知識がなければ「いい加減な仕事」になってしまうとお伝えしました。鍼灸師は解剖学的な知識が乏...

記事を読む

脈診、舌診が苦手なダメダメ鍼灸師がわずか数分で完璧な理論で鍼灸治療できたワケとは

脈診、舌診が苦手なダメダメ鍼灸師がわずか数分で完璧な理論で鍼灸治療できたワケとは

読者のみなさんは、鍼灸師だったり、鍼灸学生さん、または治療にたずさわるお仕事の方が多いでしょう。脈診(主に手首の脈を診る)や舌診(舌の苔や色を診る)が苦手で、けっきょく局所治療になっていませんか?体の傾きやねじれを確認するだけで、治療家レベ...

記事を読む

自律神経失調症を鍼灸治療で施術する!初心者鍼灸師よ恐れるな呼吸を確認せよ

自律神経失調症を鍼灸治療で施術する!初心者鍼灸師よ恐れるな呼吸を確認せよ

鍼灸治療院には、色々な患者さんが来院されます。 腰痛に悩む人、自律神経失調症と悩んでいる人。さて、メンタル疾患の人は呼吸が上手くできていません。呼吸ができないと自律神経の異常を起こします呼吸のしくみを復習してみましょう。鍼灸治療で自律神経失...

記事を読む

アナトミー・トレインの浅後線と足太陽経筋はほぼ同じ。鍼灸で使うなら覚えやすいものでいいじゃないか

アナトミー・トレインの浅後線と足太陽経筋はほぼ同じ。鍼灸で使うなら覚えやすいものでいいじゃないか

足太陽経筋は黄帝内経霊枢、經筋第十三.に記載されていますね。アナトミー・トレインとは、1990年、イギリスのトム・マイヤーズが提唱しました。体中に張り巡らされた筋・筋膜の網を通して、姿勢や動作の安定がどのように得られていくのかを解明する画期...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)