「 治療コミュニケーション 」一覧

患者さんの言葉を理解していますよ!と伝えられていますか?

患者さんの言葉を理解していますよ!と伝えられていますか?

日々臨床をしていると、ファンになっている常連患者さんとのコミュニケーションは本当に楽だと感じます。新規の患者さんの場合、なかなかそういきません。ホームページでしっかり理想の患者さんに来院してもらう施策できていますか? しっかりできていればコ...

記事を読む

クレーム処理は万全ですか?適切な対応で82%はファンになる

クレーム処理は万全ですか?適切な対応で82%はファンになる

治療院や鍼灸院に限らず、接客業などをやっていれば必ず遭遇する問題。それは、クレームです。クレーム処理という言葉があるように、対応を間違えると大問題に発展します。逆に適切な対応ができればクレームを言った人の82%が先生のファンになってくれます...

記事を読む

腎虚って何?説明不足だと売上げ低下と裸の王様になってしまう理由

腎虚って何?説明不足だと売上げ低下と裸の王様になってしまう理由

鍼灸治療をやっていく上で必要な事、施術に対する「説明」ですよね。患者さんに「ちゃんと」説明できていますか?説明していても患者さんが理解していなければ意味がありません。 「俺は古典もスラスラ読めるし、解剖学もクラスで一番だった!」自信家の先生...

記事を読む

メラビアンの法則を利用して伝える力を3つに分けて向上させる方法

メラビアンの法則を利用して伝える力を3つに分けて向上させる方法

今回は患者さんとのコミュニケーションに関わる「伝える力」を1人で向上する方法についてお伝えします。メラビアンの法則メラビアンの法則を聞いた事ありますか?アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが唱えた説になります。人の第1印象は初対面の3~...

記事を読む

腰痛が治らない原因は先生にあり!先生が犯す5つの間違い

腰痛が治らない原因は先生にあり!先生が犯す5つの間違い

鍼灸院で必要な事といえば、施術をすることですよね。もう一つ重要な事といえば、患者さんへの日常生活の指導ですよね。腰痛の患者さんを例にあげていますが、先生は間違った指導をしていませんか?先生が伝えている指導にはちゃんとソースがあるのか、東洋医...

記事を読む

ザイオンス効果を使って患者さんとの関係構築をアップしよう

ザイオンス効果を使って患者さんとの関係構築をアップしよう

先生はこんな経験をしたことありませんか?いつも行くコンビニ、毎回同じ店員さんが対応してくれます。その店員さんも先生が行く時間にシフトが入っているので、いつも顔をあわせます。そして、その店員さんに合わない日があると、なぜか心配になります。 ...

記事を読む

鍼灸院で次回予約を取る方法、鶴の恩返しと患者さんとの関係

鍼灸院で次回予約を取る方法、鶴の恩返しと患者さんとの関係

鍼灸院を運営していく中でみなさんが一番苦手なものかもしれません。次回予約を入れてもらう事。今回は患者さんとの関係を向上して、簡単に次回予約を取る方法を考えてみましょう。患者さんの心理を誘導する別に詐欺やダマしている訳では無いですよ。気づかい...

記事を読む

好転反応の原因を説明して鍼灸院のファンになってもらう方法

好転反応の原因を説明して鍼灸院のファンになってもらう方法

鍼灸院の運営に一番重要な事、それは患者さんが自分の鍼灸院のファンになっていただく事ですよね。ちゃんと自分の鍼灸院が他院より優れている事をアピールしていますか?今回は患者さんに他院より優れている事を説明してファンになっていただく方法です。もみ...

記事を読む

鍼灸師としての身だしなみは適切ですか?こんな鍼灸師は嫌だ!

鍼灸師としての身だしなみは適切ですか?こんな鍼灸師は嫌だ!

1人で鍼灸院を開業すると、院長=鍼灸院の特徴・特色になりますよね。鍼灸院を開業したのになかなか患者さんが来院してくれない。ホームページもチラシも作ったのに・・・新規の患者さんが来院しないのは、もしかしたら院長、あなたの身だしなみに問題がある...

記事を読む

鍼灸の問診の時に必ず聞いておく景岳全書十問篇より大切な事

鍼灸の問診の時に必ず聞いておく景岳全書十問篇より大切な事

あなたは景岳全書を知っていますか?一問寒熱二問汗,三問頭身四問便,五問飲食六問胸,七聾八渴俱當辨。九因脈色察陰陽,十從氣味章神見。見定雖然事不難,也須明哲毋招怨。一に寒熱を問い、二に汗を問う、三に頭身を問い、四に便を問う、五に飲食を問い、六...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)