鍼灸院にマーケティングの考えを取り入れる 4P

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

治療院・鍼灸院を開業するときに必要なモノ。

それはマーケティングの考えです。

「開業したら最初は暇だから医学古典の勉強ができるよ」と言っていた学校の講師もいました。

今の時代、その考えは絶対無理です。

街には2,980円のマッサージ店や整骨院・整体院が溢れるほどあります。

しっかりマーケティングの勉強をしていきましょう。

マーケティング4Pとは

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

PRODUCT(商品)

商品になります。鍼灸院だと鍼灸治療になります。

何を提供するのか?

治療技術を提供するのか、癒やしやエステ系を提供するのかしっかり考える必要があります。

売れる商品を考える必要がありますが、「本当にやりたい事なのか」考える必要があります。

商品のニーズはあるのか?

提供する施術を決めてもニーズ(利用する人)が無ければ意味がありません。これは後ほど説明する、PLACEにも関係してきます。

PRICE(価格)

施術料金になります。

何となくで決めていませんか?
「師匠の治療院が5,000円だから同じにしよう」と決めていませんか?

価格決定の考え方は

1,コストにプラスする

1人の施術に使う鍼やお灸代+(テナント代+光熱費など÷月に来院してほしい人数)+人件費(先生の経験値)

数字で表れるコストはわかりやすいのですが、先生の技術に対する値段はつけにくいでしょう。
値上げは難しいので、自信が無いからと、単価を安くしない事をオススメします。

2,競争相手で価格を決める

開業地域にあるライバル店の値段を参考にします。
インターネットがあれば簡単に調べられるので、ぜひチェックしましょう。

3,ニーズに対する価格

美顔鍼など、エステ系は高く施術代を設定できます。
エステ系の方が高い印象を顧客も持っています。

PLACE(流通)

鍼灸院の場合、流通ではなく、立地条件になります。

テナントで開業するのか、マンションの一室なのか、自宅を改築して開業するのか?

コストはかかりますが、テナントでの開業がやはりいいでしょう。

地域にもよりますが、人通りが少なすぎるとテナントである必要が無いかもしれません。

PROMOTION(宣伝)

プロモーション(宣伝)、究極は口コミですが、最初はネットやチラシになります。

口コミ・チラシ・インターネット
治療院の場合、この3つになるでしょう。

治療院に合う集客方法は?口コミ・チラシ・ホームページを比較

口コミは良い口コミは発生しにくく、悪い口コミは広がりやすいです。

チラシもポスティングで配るのか、新聞の折り込みチラシを利用するのか。

チラシ集客の配布法、治療院は新聞折り込みがオススメな3つの理由

インターネットはホームページだったり、ブログだったり、リスティング広告があります。

まとめ

マーケティングの基礎である4Pを考える必要があります。
PRODUCT
商品・提供する施術
PRICE
価格。施術料金になります。
PLACE
流通・立地
PROMOTION
プロモーション(宣伝)

開業前や開業後でも4Pに分類して治療院を見直してみましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です