鍼灸治療に活かす【脾は後天の本、気血生化の源、運化、統血】という考え

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

五臓六腑の脾といえば、消化器系と考えて鍼灸治療をしている先生も多いと思います。

もう一歩踏み込んで考えてみましょう。

足太陰脾経

脾は後天の本

生命活動の維持と気血津液の製造は、脾胃が運化した水穀の精微を原料としているので、脾胃を気血生化の源と読んでいます。

脾は気の働きと関係が深く、気の推動、化生、統血という機能に関係しています。

  • 脾は気血生化の源
  • 脾は運化をつかさどる
  • 脾は統血する

この3つはしっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

臨床で脾の異常としてでてくる症状は

倦怠感、成長不良(後天的な栄養不良)、貧血、皮膚の感想、皮下出血、紫斑病、血便、不正性器出血、腹の膨満感、軟便、食欲不振、痩せ。

脾は後天の本として、飲食物から水穀の精微(身体の栄養・エネルギー)を取り出す。

飲食物を分解するために、色々な消化液を分泌してくれます。
唾液、胃液、膵液、小腸からの分解酵素などを分泌。

脾は口や唾液にも関係していますね。
お口が動いて機械的な刺激によって唾液が分泌されたり、飲食物をすり潰します。

飲食物を消化して、水穀の精微(栄養)を取り出す一連の作用は「脾」の機能として理解できましたか?

脾は昇清をつかさどり、胃は降濁をつかさどる

脾の昇清をどう理解しますか?
清を上昇させる。そういうイメージになりますが、何でもかんでも上昇させているのは違うでしょう。
全身に栄養(水穀の精微)を運んでいる。運化機能と考えても良いでしょう。

平滑筋の緊張度が下がってくると脾の機能低下となってくるはずです。

胃は降濁させるのはイメージできますよね。

平滑筋(へいかつきん)とは、横紋筋とは違いサルコメア(筋節)のない筋肉のことである(アクチン・ミオシンは少量存在する)。血管、膀胱、子宮など、管状あるいは袋状器官では「壁」にみられる。また、消化管(胃・小腸・大腸など)では消化物を筋収縮により運ぶ役割を持つ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%BB%91%E7%AD%8B

脾は統血する

平滑筋と関係していると考えると、血管壁の健康状態を意味しているでしょう。

脾は燥を好んで湿が嫌いです。
脾は津液の合成や運行にとっても重要です。

脾の機能が異常を起こすと、津液の停滞が起きてしまいます。胃内停水だったり、水分過剰の症状を作ります。

脾の機能低下によって、余分な水分が肺に溜まっていくと呼吸器疾患に繋がります。

脾は生痰の源、肺は貯痰の器

って、やつです。

脾は分泌機能に関係しています

痰は、津液の停留によって生じた病理産物と、無形の痰までを広くさす概念です。

浮腫などもこれに含め、血管壁緊張度の低下による透過性増大の浮腫などは脾と関係しています。

諸湿腫満皆属於脾
素問、至真要大論

鍼灸の臨床だと女性の足の浮腫みやダルさに関係しているでしょう。

脾は四肢をつかさどる

清陽、実四肢
素問・陰陽応象大論

清陽の気は、四肢を充実させる。

脾は運化と昇清を担当していますね。脾が健全に運化(健運)していれば四肢は栄養され、動きも力強い。

機能が低下すると、四肢にエネルギーが回らなくなり力が入らなくなります。


アニメ・マンガの「ドラゴンボール」の孫悟空はやたらと、「腹が減って力が入らね~」と言ってました。

脾の機能が弱いのか?
それとも、水穀の精微を使いすぎるのでしょうか?


鍼灸臨床でダルくて手や足に力が入らない。と患者さんが訴えてきても、すぐ脾と直結させないように。

脾は肌肉をつかさどる

脾主身之肌肉
素問・素問痿論

脾は、身体の肌肉を管理しています。
脾胃は気血を生化する源であり、肌肉は脾胃が運化した水穀の精微に栄養され、しっかりした身体を作っていきます。

脾の機能低下を起こすと痩せてしまいますね。

鍼灸臨床では治療うんぬんの前に、しっかりとした説明が必要です。

何故かと言うと、はりきゅうは補(興奮)、瀉(抑制)の2つの作用ですよね。

機能低下には興奮させる事により、機能向上を狙えるはずです。
しかし、しっかりとした食事指導や漢方との併用が必要になるケースでしょう。

鍼灸で何でも治せる!キレイ事や偉そうな事を言う先生もいますが、鍼灸院を経営していくには、患者さんとの信頼関係が第一です。

鍼灸治療、私の場合

私の場合、鍼灸臨床では、臓としての低下がある場合は、脾兪を使います(私は華佗夾脊穴を利用)

基本穴としては、三陰交です。

その他だと陰陵泉になってきます。

血や津液としての判断と、股関節の内外旋、足関節の状態を総合的に考えて選穴しています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です