鍼灸院を開業したいのはなぜですか?開業に必要な3つのマインド

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

鍼灸院・治療院は残念ながら「技術を磨いて1回で治す施術」だけでは廃業してしまいます。

集客の仕組みを理解する必要があります。

先生は最初から足三里などの取穴ができていましたか?

先生は最初から前脛骨筋を知っていましたか?

誰も最初は知りません。
だけど、必要だから勉強して覚えたはずです。

自分の鍼灸院を開業したいなら集客の仕組み・マインドは絶対必要です。

面倒だなぁ・・。苦手だから・・。時間が無いし・・。

そう思うなら、開業はオススメしません。

雇われで鍼灸院や整骨院、病院に在籍した方が楽です。
そして、大好きな施術だけを追求して、痛みに悩む患者さんの手助けができます。

鍼灸院開業に必要なマインド

スポンサーリンク
レクタングル(大)

▼ついにJCBカードも対応。手軽さと手数料の安さが魅力です▼ ↑↑くわしくはバナーをクリック↑↑
私も使っています。開業するなら必ず契約しましょう。

 

上昇志向

はり師、きゅう師という国家資格を取得するために、最低でも3年間専門学校に通学し、徹夜で勉強したり、働きながら勉強したり、みなさんは上昇志向があるはずです。

そして、鍼灸院を開業したいと考えているなら上昇志向はありますよね?

もし、なんとなく他にやること無いし、親に言われたからやっているという先生がいたら、今すぐ免許を返納してください。

他の鍼灸師に迷惑です。

他の柔道整復師、整体師に迷惑です。

やる気の無い、施術。
やる気の無い、態度。

鍼灸や治療業界の信頼度を下げています。

「新しいことを知る」のが楽しい

先程も書きましたが、先生は最初から足三里の取穴や、
前脛骨筋を知っていましたか?

学校の教科書以外に参考書を買ったことありませんか?

学校の授業以外で技術系のセミナーに参加したことありませんか?

全て「知りたい」という欲求を満たすための行動です。

鍼灸院・治療院を開業するのも、「新しいことを知る」必要があります。

  • 開業の為に必要な「良い物件」を探すスキル。
  • 開業資金を借りるために必要なスキル。
  • 患者さんを集めるスキル。
  • 患者さんをリピートさせるスキル。

要するに経営者としてのスキルを学ばないといけません。

「面倒だ」と、思う先生もいるかもしれません。上記のスキルが無くても「開業は」できます。

コンサルタントなど、全て業者まかせにすれば良いです。

しかし、売上げはどんどん外注費用に消えていきますよ。

お金の無い先生は「開業は」できても、数カ月後には廃業することになるでしょう。

マメである

鍼灸院・治療院を開業するのに1番必要なことかもしれません。

鍼灸院・治療院はサービス業です。
最高の技術を提供するサービス業です。

患者さんより偉いことは全くありません。

「先生」、「先生」と呼ばれて勘違いしている人もいるかもしれません。

しっかりおもてなしのスキルを磨かなれければいけません。

患者さんのちょっとした変化に気がつく。
扉を開けてあげたり、スマートな立ち振舞が必要です。

一流のホテルや、レストランのサービスが理想です。

まとめ

雇われるのが面倒・年齢的に雇ってくれる治療院が無い。
色々な理由はあると思います。

だけど、
たくさんの患者さんの悩みを解消してあげたいのなら、経営者のスキルを勉強しないといけません。

たくさんの患者さんに定期的な通院をしてほしいのなら、一流のホテルやレストランのサービスを勉強しないといけません。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ1 朗報!!

開業届けは保健所だけじゃないですよ! 税務関係にも提出が必要です!

個人事業主の開業に必要な書類が無料で一括作成できる新しいサービスを発見しました。
開業届・青色申告承認申請書など各種書類に対応。

普通に手続きするとかなり面倒な書類が無料で作成できる『開業フリー』というサービスです。

メアドとPW、またはGoogleアカウント、Facebookアカウントですぐ登録できます。

無料なので登録だけはしておいてください。

▼簡単な質問に答えるだけで完成します▼

↑↑無料なので登録だけするならクリック↑↑

 

お知らせ2

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です