鍼灸師開業届けの書き方。保健所担当者による格差が大きすぎる訳

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

鍼灸師になったのは開業したいから!

そうです。鍼灸師には開業する権利があります。

鍼灸院の開業に必要な開設届けについてお伝えします。

efd25009810157d72a8ab851d1d07ffa_s

施術所開設には法律があります

わたしたちはり師、きゆう師等に関する法律での用語では施術所になります。当然ですが、医院という用語は使えません。

国家資格を取得しても、開業や往診ををするためには、開業地の保健所に「施術所の開設届け」を開設後10日以内に届出をする必要があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

施術所の構造設備基準

はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、に関する法律施行規則第 25 条及び柔道整復師法施行規則第 18 条により構造設備基準が設けられています。

  1.  6.6㎡以上の専用の施術室を有する事。
  2.  3.3㎡以上の待合室を有する事。
  3.  施術室は、部屋面積の7分の1に相当する部分を外気に解放し得る事。ただし、これに代わるべき適当な換気装置がある時はこの限りではない。
  4.  施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有する事。

1,2 広さに関して、必ず物件を見る時はメジャーを持って測りましょう。不動産屋の資料だけだと、基準に満たない寸法かもしれません。(経験談)

専用の施術室と待合室ですが、ワンルームやテナントを借りる場合、仕切りをする必要があります。

これが自治体によって(保健所担当者)によって、かなりの解釈の開きがあります。

  • 仕切りはしっかり天井まで必要だったり
  • カーテンのパーテーションだけでよかったり
  • 建物が古いから「天井に固定する仕切りはつけらない」と言ったら審査が通ったり(どんだけボロいねん!)
  • 女性鍼灸師で、「完全に仕切ってしまうと、患者さんに襲われたら外から見えない」と訴えて、1年位保健所とトラブルになり、担当者が変わったら審査が通ったり(女性鍼灸師は50代です)
  • 施術室と待合室の出入り口はカーテンではダメ。アコーディオンカーテンにしてくださいとか、理由は風が吹いたら中が見えるから(どんだけ強風やねん!)

これは全て知人の先生や私が体験した事です。法規をもっと明確に記載してほしいです。

3, 換気装置もあいまいです。保健所の担当者によって意見が違ってくるポイントです。私の場合、小さい換気扇でOKでした。

消毒設備に関しては、使い回す鍼を利用する先生は滅菌器などが必要です。

私はすべて使い捨ての道具なので滅菌器は持っていません。もちろん保健所でもOKもらっています。
滅菌器だけでも初期投資が大きくなります。衛生面での患者さんの安心感のためにも、使い捨ての道具をオススメします。

衛生上必要な措置

  1.  常に清潔に保つこと
  2.  採光、照明および換気を充分にする事。

当然ですね。鍼灸院も接客業ですよ。癒し系の鍼灸院を開業する場合、採光、照明ってどうなるんでしょうか?

薄暗い隠れ家的な鍼灸院を考えている先生は「採光、照明および換気を充分にする事。」という基準があることを覚えておきましょう。

感がいい先生は何が言いたいかわかりますよね。

他に衛生に関係するのが、法規には記載されていませんが、

  • トイレの手拭きに関して、ペーパータオルを用意する。それもしずくが垂れるので壁に貼り付けると言われたり
  • 他の自治体ではおしぼりサイズのタオルをカゴにいれて置いておくだけでOKだったり、

これもかなり保健所によって違います。

消火器を設置せよと指導してくる保健所もあります。

開設届け提出先

開設後10日以内に開業地の保健所に届け出る。

  1.  施術所開設者の氏名および住所(法人については、名称および主たる事務所の所在地)
  2.  開設の年月日
  3.  名称
  4.  開設の場所(施術所の住所)
  5.  法第1条に規定する業務の種類(あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう)
  6.  業務に従事する施術者の氏名および当該施術者が目の見えない者である場合にはその旨。
  7.  構造設備の概要および平面図

1, 施術所は、はり師、きゅう師の免許を有していない者でも開設する事が出来ます。オーナーと雇われ院長の関係です。

3, 当然ですが、紛らわしい名称は拒否されます。鍼医◯◯院とかはNGです。
個人名以外は名称の由来書を添付するように指導する保健所もあります。

7, 不動産屋の物件図が利用できると便利です。

その他だと、「審査に行くために保健所から開業地までの地図を添付せよ」と指導する保健所もあります。(おいおいそれ位そっちで調べろよと心の中で思いました。)

Yahoo!やGoogleの地図を印刷しておきましょう。

最後に

開設届けは、開設後10日以内となっていますが、開設後に提出すると「事前に相談にくるのが当然です」という、保健所担当者もいます。関係法規の曖昧さが原因でしょう。

開業予定地の保健所に事前に聞いておくのがベターです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

[cta id=”567″ align=”none”]

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です