鍼灸院の運営にも陰陽の考えが大切なわけ

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
鍼灸師、鍼灸学生さんで陰陽ってなんですか?という人はいないと思います。(たぶん)
 
 
今回は陰陽の考えを鍼灸院運営にあてはめて考えてみましょう。
 
 
artemis-and-apollo-1407733-639x958

Freepik | Zach Den Adel

 
 

陰極まれば陽となす、陽極まれば陰となす

 
陰は鍼灸技術、陽は経営力と仮定します。
 
みなさんご存知の陰陽転化ですね。
 
 
スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

陰(鍼灸技術)を磨いていけば、陽(経営力)になる

 
すごい技術をお持ちの先生は、患者さんをどんどん良くしていきます。
 
そうすると、自然と紹介、口コミが増えていきます。
ただこれは本当にすごい技術が必要です。
 
鍼1本で治す。
もぐさ1壮で治す。
触らないで治す。
 
 

陽(経営力)が長けていれば、陰(鍼灸技術)もレベルアップする

 
例えばソフトバンクの孫さんが、急に鍼灸院を経営するとしましょう。
最初は無資格なので整体院からスタートです。
 
まったく解剖学や経絡の知識はありません。
 
あるのは経営力です。
 
最初はもちろん誰一人治せません。
 
 
だけど、抜群の経営力を持っているので、広告宣伝が上手です。
営業(患者さんとのコミュニケーション)が上手です。
 
 
集まった患者さんからここが痛い時にこうすると楽になる。
 他の治療院でこういう治療法をやってもらっていた。
 
 
など、情報が手に入ります。
 
 
あなたは定額プランがいいでしょう。
あなたは学生割引がいいでしょう。
あなたは家族割引がいいでしょう。
 
 
など、魅力的なアピールを考えて、患者さんのニーズに答えていきます。
 
 
 
患者さんが一番の師匠。教師になります。
 
広告宣伝で集めた患者さんたちから情報が集まります。
 
そのうちに治療経験も豊富になり、「こういう症状にはこうすればいい」というデータが集まってきます。
 
鍼灸の資格もとれば、ますます広告宣伝や、営業でのアピールも有利にできるでしょう。
 
 
鍼灸技術を磨くのは勉強だけでは、なかなか磨けないと思います。
 
患者さんから教えていただく「生の情報」が、経験値を上げて鍼灸技術を磨いてくれます。
 
 
お偉い学者さんより、無名だけど、朝から晩まで患者さんの診療をしている鍼灸師の方が良いですよね。
 
 
 

陰(鍼灸技術)、陽(経営力)どちらも必要です

 
いわゆる中庸ですね。
 
陰と陽どちらが重要とかはありません。どちらも大切です。
 
鍼灸技術ばかり追い求めるよりも、経営力を勉強すると、安定した鍼灸院運営が可能になるはずです。
 

私自身も、鍼灸学校時代や、卒業後は、技術セミナーや中医学の書籍にばかりお金を使ってきました。

もちろん患者さんに喜んで頂いております。

経営の勉強は、開業して本格的にスタートしました。

経営の勉強をもっと早くから取り組んでいたら・・・。本当にそう思います。

ひよこ鍼灸師、たまご鍼灸師、ベテラン鍼灸師のみなさん。経営の知識が無いなら今からすぐスタートしてください!

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です