患者さんに最良の施術プランを提供できていますか?

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

鍼灸院を運営していく中で多くの人が悩むことって何でしょうか?

売上がなかなか伸びない

患者さんの通院率(リピート率)が上がらない

この2つは、ほとんどの鍼灸院に関係しているはずです。

今回は、患者さんのリピート率も上がり結果的に売上げUPに繋がるヒントをお伝えします。

患者さんが当初希望された施術プランよりも、さらにお得でグレードが高い施術を提供することにより、患者さんも喜ばれる。鍼灸院も売上げが上がる。

お互いが喜ぶ方法です。

14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s

売上げUPに必要な2つの考え

売上げをUPするには、施術費用を上げれば簡単です。

だけどなかなか難しいですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

▼ついにJCBカードも対応。手軽さと手数料の安さが魅力です▼ ↑↑くわしくはバナーをクリック↑↑
私も使っています。開業するなら必ず契約しましょう。

 

リピート率UP

リピート率を上げていけば、一回の施術費用10,000円で年間2回の来院より、5,000円で年間3回来院の方が売上げUPしますよね。

リピート率を上げるために必要な考えですが、

患者さんは目的(痛みから開放されたい。など)があるので通院しているのです。

目的にあった顧客満足を考える必要があります。

患者さんの目的を達成させる結果として、リピート率が上がる。と考えましょう。

リピート率を上げるために、患者さんを通わすのは間違いです。

適切な通院指導と、技術が必要になります。

グレードアップした施術を提案

もう一つは、保険での治療を考えるといいでしょう。

患者さんの目的に対して、よりよい提案をしていくのですが、保険治療だと、施術費用は安くなりますが、時間が短くなる場合がほとんどだと思います。

「自費治療だと一回の施術費用は高くなりますが、治療時間も確保できるので、結果的に早く治りますよ。」

できるだけ早く治りたい患者さんには、自費治療の方が最良の施術プランになりますね。

鍼灸院で導入すべき5つのプラン

回数券の導入

一番定番の方法ですね。

6回で◯◯円、普通に6回通った患者さんと比べると売上げは下がってしまいます。

だけど、リピート通院してもらえるという保証が得られます。

患者さんは普通に通院するより費用が抑えられるのがメリット。

鍼灸院のメリットは、治療経験が増えることと、患者さんとの距離が縮まり、信頼関係も構築しやすくなります。

患者さんの立場で考えたデメリットは、一度の支払いが高額になる事や、途中で通院できなくなる場合が考えられます。

定額制の導入

短時間施術ができている先生にはいいかもしれません。

施術に1時間かかる先生は止めておいたほうがいいでしょう。

一ヶ月◯◯円で通い放題。毎日通院してくれる患者さんも出てくるでしょう。

通院指導をきちんとできないと、忙しくなった時に初診患者さんの予約が取れなくなります。

会員制の導入

ビデオレンタル屋さんと同じ考えです。

年会費◯◯円をいただくことで、毎回施術代から◯◯円割引。

ポイントカードも作れば「ポイントが貯まったら◯◯円引き」も可能です。

あなたのファンは、入会してくれると思います。

ただ、入会してもリピート率が変わらない患者さんもいます。

通院を促すサポートが必要になります。

初診者だけの特別コース導入

初診患者さんの場合、1度の施術で治る人は少ないと思います。

そこで、しっかり治療できるように、特別コースを作ります。

通常の回数券よりも安くしたり、定額制よりも有効期間は短いけどお得に通院できるようにします。

聞いただけで「お得」と思えるものにしましょう。

あまり複雑なコースだと、人は思考停止状態になってしまいます。

プレミアムな施術を導入する

「保険治療だと、ここまでしかできません。」

だけど、自費ならこういう事もできるので、結果的に早く治りますよ。お得になりますよ。と提案します。

「自費治療の方が早く治りますよ」など、確実に患者さんの満足を満たす必要があります。

美容系だとわかりやすいですね。

「美顔鍼だと、顔だけへの施術になりますが、全身を治療することにより、中からも美しくなりますよ」

美しさを求める人には、とても喜ばれる提案になります。

まとめ

鍼灸院の経営で一番大切なのは、リピートです。一回の施術費用10,000円で年間2回の来院より、5,000円で年間3回来院の方が売上げUPします。

患者さんが通院しやすい環境に整えるのは院長先生の考えるところです。

患者さんの現在・および将来に、その商品(施術・プラン)を使用するほうが確実に患者さんのニーズを満足に満たすのであれば、提案した商品は患者さんに満足され、今後のリピート率なども円滑に進むでしょう。

回数券
定額制
会員制
初回の特別コース
プレミアムな施術

5つのプランが考えられます。

お知らせ1 朗報!!

開業届けは保健所だけじゃないですよ! 税務関係にも提出が必要です!

個人事業主の開業に必要な書類が無料で一括作成できる新しいサービスを発見しました。
開業届・青色申告承認申請書など各種書類に対応。

普通に手続きするとかなり面倒な書類が無料で作成できる『開業フリー』というサービスです。

メアドとPW、またはGoogleアカウント、Facebookアカウントですぐ登録できます。

無料なので登録だけはしておいてください。

▼簡単な質問に答えるだけで完成します▼

↑↑無料なので登録だけするならクリック↑↑

 

お知らせ2

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です