舌診を使って鍼灸院経営に必要な信頼関係を構築する方法

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

突然ですが、舌診していますか?

鍼灸師はだまって脈診でしょ!っていう鍼灸師や鍼灸学生さんもいるかもしれません。

舌苔に!いや、絶対に舌診を取り組んだ方がいい3つの理由をお伝えします。

診断の仕方はまた別記事で書きますね。

1a7c8ad0a08181e87401b76a1ea6aa38_s

患者さんの症候分析ができる

本来の舌診の使い方ですね。

気・血・津液、どれが多い、どれが不足している。

熱の状況は?冷えているのでは?

どこの臓腑に負担が多いのか?

秒殺でかなりの判断材料が手に入ります。
そして、症状の改善や、予後を判断することができるので患者さん説明にも便利です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

共有しやすいデータを取得できる

あなたはスマホか携帯を持っていますよね?

今の世の中、ほとんどの方がスマホか携帯を持ち歩いていると思います。

どんなスマホ・携帯にもカメラ機能は当然のようにあると思います。それもかなりの高解像度のカメラです。

脈診は客観性が乏しいですが、舌診は違います。
写真を撮っておけば、臨床データが取得できます。

さらに良いのが、先輩や師匠に写真をみせる事で弁証のアドバイスを受けやすくなります。

患者さんと二人三脚の治療ができる

これが一番重要です。最初の2つは臨床をやっていない学者さんでも答えられます。だけど鍼灸院を経営していくためには患者さんとの信頼関係構築が重要です。

柔道整復師の先生なら、骨模型を観て・触って理解してもらう必要性があります。

鍼灸師ならもちろん骨模型があれば良いですね。さらに手鏡を用意して、患者さん本人に舌を観てもらいます。

ボテッとした舌(胖大舌)なら、身体のお水が多いか、冷えている可能性があります。と伝えられます。

視覚的に確認ができるので、患者さんでもわかるはずです。

一般の人は、毎日舌を観るという人はほとんどいないでしょう。だから興味を示してくれます。
とても簡単な事です。100円ショップで手鏡を購入すればすぐできます。

鍼灸の専門家としての信頼度がグッと上がってきますよ。

まとめ

舌診には鍼灸院運営をするために必要な3つのメリットがあります。

1,患者さんの症候分析ができる。弁証するのに必要な情報が手に入ります。

情報は多い方がいいです。だけど客観性のあるデータがほしいですね。

2,共有しやすいデータが取得できる。写真に撮ることにより、症例発表に使えたり、師匠からのアドバイスを受けやすくなります。

3,鍼灸院経営で必要な信頼関係を構築できる。患者さんに手鏡を渡して一緒に確認しましょう。

100円ショップで手鏡を購入して、患者さんと一緒に確認しながら説明すると信頼関係がぐっと構築しやすくなります。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です