肝腎要は排卵射精にも関係。月経不順に三陰交が無効な時、肝へのアプローチを考える

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

肝腎要、肝心要と良くいいます。東洋医学の考えがあると、「肝腎要」の方がしっくりくるのは私だけでしょうか?

排卵や射精、月経不順に対応する鍼治療でのアプローチを考えてみましょう。

排卵射精に肝と腎が関係しています

排卵や射精は腎の機能と考えがち、しかし肝が重要

排卵は「身体の中に大切に蔵していたもの」を放出する作用です。
これは肝の発揚の作用と一致してきます。

卵胞の成熟に連れて、肝の発揚によって卵胞の深部から表層に卵胞が移動します。
腎の排泄機能を受けながら、肝の外向きのベクトルが卵胞内から卵子を外に押し出します。

肝鬱などの肝の異常が起きてくると、卵を引き出す力が作動しません。
その結果、月経が止まったり、周期に異常が起きてしまいます。

逆に、肝気が旺盛になってくると排卵が促進され、月経周期が短くなってきます。

排卵は肝気によって調節されています。
なんとなくイメージできましたか?

単なる時間的周期の制御だけではなく、性行為や感情などによって大きく左右されてきます。

定期的な排卵は、腎と肝の機能がしっかり充実している状態でしょう。
現代の女性の月経不順は肝の異常によって起こる場合が多い印象です。

肝気によって動かされる排卵機序があると考える方が合理的でしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

▼ついにJCBカードも対応。手軽さと手数料の安さが魅力です▼ ↑↑くわしくはバナーをクリック↑↑
私も使っています。開業するなら必ず契約しましょう。

 

鍼灸の臨床では月経不順には三陰交穴を多用しますが・・・

月経不順などを訴えて鍼灸院に来院する患者さんは多いと思います。
最初は肩こりや腰痛だけど、実は「月経不順なんです。」と教えてくれる患者さんもいます。

鍼灸治療で月経不順の場合、取穴はどうされますか?
ファーストチョイスで多いのは「三陰交穴」だと思います。

三陰交穴がもつ多様性

補脾胃、助運化、通経絡、調気血、益肝腎、平衝逆

三陰交穴のもつ穴性で考えると納得できます。

しかし、なかなか症状の改善が見られない場合、刺激量の問題か、肝へのアプローチが少ない可能性があります。

陽陵泉穴を使ってアプローチを試みると良いでしょう。
私の場合、基本は5番針を使用しています。

肝と関係が深い「血」「風」どちらも肝の持つ性質を理解する治療には陽陵泉を使用

射精も肝の影響を受けています

放出させないようにしようとする収蔵の作用は腎がつかさどっています。

早漏で悩んでいる男性は若年か中年かで原因が変わります。

  • だそうとする力が強すぎる実証の早漏の場合、肝気によるものと考えられます。若い人に多い早漏です。
  • 留めようとする力が弱まる虚証の早漏の場合、腎気不足によるものと考えられます。中年以降に多い早漏です。

射精にしろ排卵にしろ肝の影響が大きくなります。
肝の関わりは、裏に包蔵されているものを引き出すことになります。

思い出せば春の季節は肝に該当しますよね。

肝は疏泄をつかさどる、イライラ肩こりの人は肝の異常が疑わしい、鍼灸でどう対応するか

種から芽が出るのも春の季節、包蔵されているものを引き出していますね。

しかし、種そのものをつかさどる腎気が充実しなければ、排卵や射精は起きません。
元々腎気が弱い人や、腎気が衰退している場合、肝に問題はなくても排卵や射精は起きなくなります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ1 朗報!!

開業届けは保健所だけじゃないですよ! 税務関係にも提出が必要です!

個人事業主の開業に必要な書類が無料で一括作成できる新しいサービスを発見しました。
開業届・青色申告承認申請書など各種書類に対応。

普通に手続きするとかなり面倒な書類が無料で作成できる『開業フリー』というサービスです。

メアドとPW、またはGoogleアカウント、Facebookアカウントですぐ登録できます。

無料なので登録だけはしておいてください。

▼簡単な質問に答えるだけで完成します▼

↑↑無料なので登録だけするならクリック↑↑

 

お知らせ2

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です