鍼灸治療で五行の相生相剋を活かす、施術では病的現象と考えると良い

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

前回、五行論のお話をしました。

五行論、木火土金水は陰陽と同じく素晴らしいシステム鍼灸治療に大いに活かす

五行は絶妙な関係で成り立っています。占いだったり、戦術だったり(元々は医学の為にできたものではありません。)
しかし、矛盾も多いので注意が必要です。

五行論相生相剋母と子

五行論の相生関係は生み育てる関係

五行相生相剋
木火土金水どれも自分を生む存在と、自分が生むものとを持っていますね。

  • 親子関係
  • 母子関係

こうした関係をそれぞれの性質で見た、気候や物質、身体の働きにも当てはめていろいろな仕組みを理解していくのが五行論の相生相剋関係だと考えます。

木は肝と関係していて、感情と関係してきますよね。そうすると、

  • 緊張するとドキドキ 肝→心
  • 嬉しいと食欲がでたり 心→脾
  • 食べ過ぎると呼吸が苦しくなったり 脾→肺

無理矢理当てはめる感もありますが(汗)こういう関係を鍼灸治療の施術で役立てていきます。

鍼灸治療の施術で考える

ぜん息を鍼灸治療でアプローチする時、胃腸の働きを高めておく

土→金:培土生金法

浮腫みなど水を動かすために肺経に鍼やお灸を使う

金→水

一般的には、相生は木・火・土・金・水の順に、母が子を育てる関係と説明されています。

生体機能だけで考えると、次を育てるという理解よりも、生命体として蓄えているものを集約して次の存在に活かす消費活動のように考えることが良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

相生を五臓六腑の病的現象で考える

  • 肝気が心陽を煽る
  • 心の活動は脾の活動を煽って食べ過ぎる
  • 胃熱は肺の熱も過剰に煽って口渇になる
  • 胃の陰邪は肺の陰邪を生じる
  • 肺の状態は腎の利尿を左右する
  • 腎の虚熱が肝陽を煽る

生理現象よりも病的現象として出てしまうイメージです。

しかし、相生だけでは、矛盾が出てきますよ。

ある要素の活動が盛んになると次の相手をもり立てる。

ずっと相生していると、すべてがどんどん大きく強くなってしまいます。

そうならないために抑制する関係性が必要になります。

それが相剋になります。

五行論の相剋とは

相剋は抑制の関係です。

自分を抑える存在と、自分が抑える対象とを持っています。

  • 木を抑えるのが金(金剋木
  • 木は土を抑える(木剋土

相生は母子関係でしたよね。
相剋はあるものが育てたものが生んだもの、つまり孫との関係にあたります。

相剋を五臓六腑の病的現象で考える

  • 身体の緊張(肝=木)を深呼吸(肺=金)で軽くする
    金剋木

鍼灸治療の臨床だったら、身体の緊張を、肩甲骨回りを優しくさするだけでも落ち着きますよね。

  • 喜びの興奮状態(心=火)を腎の潤い(水)が鎮めて眠れるようにする
    水剋火

  • 肺(金)の持つ涼の性質を心(火)の熱を抑える
    金剋火

一方に勢いが強くなりすぎないように抑制します。この関係は抑制と言っても、行き過ぎをお抑える制御と考えると良いでしょう。

相生相剋のまとめ

五行論の相生関係は生み育てる関係である。
木火土金水どれも自分を生む存在と、自分が生むものとを持っている。母子関係

  • 緊張するとドキドキ(肝→心)
  • 嬉しいと食欲がでる(心→脾)

相生を五臓六腑の病的現象で考えると、

  • 肝気が心陽を煽る。
  • 心の活動は脾の活動を煽って食べ過ぎる。
  • 胃熱は肺の熱も過剰に煽って口渇になる。

などの病的現象が出てくる。鍼灸治療の施術では生理現象と理解するより、病的現象と考えるとわかりやすい。

五行論の相剋とは抑制の関係である。

自分を抑える存在と、自分が抑える対象とを持っている。

  • 木を抑えるのが金(金剋木

  • 木は土を抑える(木剋土

相剋を五臓六腑の病的現象で考えると、

  • 身体の緊張(肝=木)を深呼吸(肺=金)で軽くする。金剋木
  • 喜びの興奮状態(心=火)を腎の潤い(水)が鎮めて眠れるようにする。水剋火
  • 肺(金)の持つ涼の性質を心(火)の熱を抑える。金剋火

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です