相乗相侮は病的な状態、鍼灸臨床でも木乗土、木反侮金治療がある

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

前回、五行論の相生相剋の関係を説明しました。

鍼灸治療で五行の相生相剋を活かす、施術では病的現象と考えると良い

  • 相生は生み育てる関係
  • 相剋は抑制の関係

この関係性だけなら矛盾点は少ないです。だけど相乗相侮(そうじょう、そうぶ)となればい生体にはどのような影響が出るのでしょうか?

相乗相侮

五行論で相生相剋や相乗相侮が生まれたワケ

相生と相剋の関係が程良く保たれている間、万物は穏やかな状態です。

  • 弱まったものは励まし(相生)
  • 強まりすぎたものはなだめる(相剋)

消滅したり行き過ぎを防いで全体のバランスを保つことができます。
だけど、同じような関係性なら陰陽互根や陰陽制約でも良いはずです。

陰陽互根

  • 陰と陽は相互に依存しあう関係。
  • 陽は陰に根ざし、陰は陽に根ざす。

素問◆陰陽應象大論篇第五.

陽生陰長.陽殺陰藏.
陽が生じれば陰長じ、陽殺すれば陰蔵す

※殺は減弱、蔵は不活動の意味。

また詳しくお伝えしますが、古典は東洋医学概論の教科書に出てくる内容だけ覚えていればOKです。

陰陽制約

  • 陰陽が互いにバランスをとる作用。
  • 陰が少なくなれば陽も少なくなる、陽が少なくなれば陰も少なくなる。提携律とも呼ばれる。

他にも陰陽の関係がありますが、陰陽論だと一対一の関係なので、励ますのも、なだめるのもいつも同じ相手になります。陰or陽だけ

だんだん説明し辛くなってきたんでしょうね。
そこで五行論に発展したのでしょう。

五行論だと励ます相手、励まされる相手、なだめる相手、なだめられる相手がすべて違う相手ですからね。

陰陽だけで説明する事も可能かもしれません。
しかしそこで考えられるバランスだったり、ロジック(論理)はすごく精密なものになってしまいます。

鍼灸治療の施術でもそうです。

例えば、屈筋という現象。解剖学的に考えた方が簡単ですよね?
陰経の◯◯が◯臓に関係して、◯◯・・

俺は東洋医学だけでやっている!

という先生もいるかもしれません。

東洋医学だけでできるかもしれませんが、鍼灸院を経営していくにはマイナスです。

患者さんには説明して、施術に対しての同意を得る必要があります。
腕は良いのに流行っていない先生はそこを考えるべきでしょう。

あっ一回で治せる先生には関係無いかもしれませんm(_ _)m

陰陽だけでは複雑化したので、五行論が発展した。

鍼灸治療には「新たな視点や引き出しの発想」があると一皮むけますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

五行論の相乗相侮関係

世の中に完璧なシステムは存在しません。
相生相剋だけでは矛盾が生じてきました。

五行論の相乗とはジャイアンとのび太の関係

  • 抑制する立場にあるものの勢いが病的に強い
  • 抑制されるものの力が弱くなり過ぎる

通常の抑制の度を越えて、抑制を強めていじめてしまう関係になります。

アニメ、ドラえもんの「のび太とジャイアン」の関係は相乗かもしれません。

ジャイアンはもしかすると、いじめているつもりは無いかもしれません。(※実際にはギッタギタのバッキバキにしてやると言っていますが(汗)

相乗は相剋と同じ関係ですが、相違点があります

  • 相剋
    相手の勢いが強くなり過ぎた時にそれを抑える

  • 相乗
    相手の勢いが強すぎるワケでは無いのに抑制してしまう
    相手の弱さに乗じてさらに弱めてしまったりする

鍼灸治療の施術では

ストレスで肝の勢いが強くなり過ぎたり、元々胃腸の力が弱いと食欲不振になったり、胃痛や胃潰瘍、逆流性食道炎を起こす。
木乗土といわれる現象です。

五行の相乗関係

五行論の相侮の関係とは恐妻家かも

  • 抑制する側の勢いが弱すぎる
  • 抑制される側の勢いが病的に強すぎる

本来なら抑制する立場にあるものが反対に相手から抑制されてしまう状態を示します。反侮とも表現されます。

男女平等の世の中、お叱りを受けるかもしれませんが、綾小路きみまろサンのネタのような夫婦関係が相侮かもしれません。

「妻が上 口も態度も 体重も」by綾小路きみまろ

鍼灸治療の施術だと
ストレスでぜん息がより悪くなる時の現象
木反侮金

わたしが前職であるテレビの選曲を辞めた理由がまさにこれです。

鍼灸師になるために歩んだストーリーその1

腎臓が悪くて食欲不振になる
水反侮土

肺の状態が悪くて心臓に負担がかかる
金反侮火

心臓が悪いと腎臓の働きが低下する
火反侮水

五行の相侮関係

相乗も相侮も病的な関係性となってくるので、鍼灸治療の施術で取り扱う機会も増えます

養生の基本は無理をしない事です。
相生相剋というシステムが機能的であれば生体は健やかに過ごせます。
無理などすると相乗相侮に変わってしまい、病的な症状になってしまいます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です