心に関わる陽の活動には陰が必要、心血の理解と鍼灸臨床で活かす考え方

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

心は血脈と関わるポンプ役でもあります。君主の官で高次元に位置していますが、支店?出張所のようなものがあり生体にあり現代医学の心臓の役割もしています。

心のもつ陽の性質と、陰の一性質を考えてみましょう。

心陽と心陰

陽の活動性を支えるためには燃料(陰)が必要

血の運行を支える活動力を考えてみると、心の持つ働き、陽の側面が必要になります。

心のポンプ役の活動力としての働きは「心陽」「心気」という言葉で表されます。

陽気の勢いを維持するためにはその燃料としての陰が必要です。「心陰」「心血」と言葉で表されます。

心陰や心血は燃料としての意味と同時に、鎮静の意味合いもあります。

心陽が少なくなると

  • 心拍動の低下や心不全など働きの低下する状態
  • 心陰や心血が虚す
  • 動悸や不整脈といった拍動が盛んで機能は低下する病態

心陰が少なくなると

  • 心の陰的作用(燃料としての意味と同時に、鎮静の意味)が低下
  • 不安感や煩躁感など、精神活動が亢進してしまう

心陰(心血)は、活動を支えるための養分としての通常の血の機能よりも、陽盛に対する鎮静作用が機能の主体を成しています。

心はその高い活動性を維持するために、時に神を心血に納め、睡眠という形で活動を低下させ機能の回復を図ります。

軽いメンタル疾患だけなら、肝の調整だけで鍼灸治療は可能です。

肝は疏泄をつかさどる、イライラ肩こりの人は肝の異常が疑わしい、鍼灸でどう対応するか

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

血には陰陽の2面性を持ち合わせている

  • 血が燃料として陽気を盛んにさせている
  • 思惟活動という機能を陰血が安定させている

心血の供給

  • 心血は心竅を通じて心に供給される
  • 心血は肝血と腎陰から構成

肝血は腎陰(腎精)をもとに、脾によって後天の精を取り込み、肺から天空の清気を取り込んで完成します。

これらの陰血は心において、血の持つ陰陽両面の機能を果たしますが、心においては鎮静の作用を持つことが特徴的です。

心血は肝血と異なる存在として、体内を流れているのではなく、物体として心血と肝血の区別はないと考えています。

同じ血が躯幹においては、主に気を放出機能(運ぶ機能)を果たす。

トラックが血で、荷台に気を載せるイメージです。

血と気のイメージ

心においては、鎮静に機能するものを心血と呼ぶ。

オーバーヒートした心にクールダウン用の水をかけるイメージです。

鎮静作用

overheating | Si Hammond

血の上方への運行や血の生成には、脾と肝が深く関わっています。

心陽を抑制する心血は「心腎相交」によって腎陰と直接的に結びついています。

心腎相交とは

心は体の中で1番高いところにあり(高次元、地球と太陽のような関係)陽の代表として火の性質を持っています。

腎は1番低く深いところにあって陰の代表としての水の性質を持っています。

互いに対照的な位置にありますが、互いに反対の性質を持つと同時に、互いに育てる関係にあります。

これを表すものとして、心腎相交と言われています。

心腎相交

  • 心陽は下方に降りて腎陽を育て、腎陽によって腎陰が気化し全身に巡る
  • 腎陰は上方に昇って心陰を供給し、心陰は心陽を制御します。

腎陰は脾の機能を介さず、心と腎の呼応として心血の持つ鎮静や安寧の作用を特別視すると考えています。

腎陰は髄を生むことから、構造としての脳髄を形成する重要な役割を担っている。
心の機能を構造面から支える部分に関与
腎陰の異常がでてくると、アルツハイマーなどの認知症に関わってくる可能性が高いです。

鍼灸臨床での実際

鍼灸臨床では、寸口脈と尺脈どちらが強い・弱いを確認してアプローチすると良いでしょう。

私自身は

  • 寸口脈が強い時は大椎への瀉法
  • 尺脈が弱い時は太谿への補法
  • 動きが出てこない時は陽陵泉への瀉法を利用しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ、シェアしてください。

ご質問もおまちしています。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です