お礼の気持ちの伝え方、相手の心に届く4つのポイント

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

鍼灸院を開業していくと患者さんから感謝される事が多くなります。

感謝の言葉だったり、時には品物をいただく時もあります。

感謝される事が多くなってくると、当たり前になって「おごり」が出てしまう先生もいます。

「ありがとうございます。」

だけで済ませていませんか?

今回は、感謝の気持ちを伝えるタイミングや方法などをお伝えします。

58742420_459d268c5e_z

thank you kids | Shih-Chieh “Ilya” Li

親切にした人、された人の心理

心理学からみると、患者さんの気持ちや、お礼をうけた鍼灸師の気持ちは感情のピークがそれぞれ違います。

患者さん:最初はお礼を渡した時、恩を着せるつもりは無くても時間が経ってくると、だんだん「お礼をしたのに何も言ってこない」という気持ちになっていきます。後になって感情のピークが高まります。

鍼灸師:お礼をいただいた瞬間が、感謝の気持ちのピークです。その後だんだん感謝の気持ちが下降していきます。

先生のプライベートでもそういう瞬間ありませんか?

家族やパートナーに、「ありがとう」と、ちゃんと伝えたのに後からパートナーに「お礼の気持ちは無いの?」と言われて、「えっ!!??」となった事。

それは感情のピークが違うからだと、理解できたと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
<オススメ書籍>

dsp
http://www.directbook.jp/

【ホームページを自分で作る先生へ】
相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック
手に取るように相手のことがわかります。

お礼状は必ず手書きで出す

患者さんからのお礼を品物としていただく場合があります。こういう時ちゃんとお礼状を出していますか?

改まってお手紙やハガキを出すのは面倒だったり、照れくさい感じもしますよね。だけど気持ちがしっかり患者さんにも伝わります。

先生の人柄が患者さんに伝わる瞬間だと思います。

患者さんは「あそこの先生はご丁寧にお礼状を送ってくれた」と思います。信頼関係がぐっと強固になるでしょう。

手紙やハガキを出す時は必ず手書きにしてください。メッセージカードで送る時も一言でいいので直筆の感謝の言葉を添えてください。

「ありがとうございました。」

ではなく、

「先日はりんごをいただきありがとうございました。とても甘くてシャキシャキした食感が最高で美味しいりんごでした。」

と、感想も書きましょう。

字が汚いから他人にお願いしたり、パソコンで印刷すると、せっかくの気持ちが患者さんに伝わりにくくなります。

伝えるタイミング

先生と患者さんで感情のピークが違うとお伝えしました。

それを考えると、お礼を伝えるタイミング3回です。

1,行為を受けた時

2、お礼状を送る。

できるだけ当日にポストへ投函しましょう。

3,次回、来院した時最初にお礼を言う。

治療中の会話も弾みます。

伝える相手

もちろん、患者さん本人にお礼を伝えるのは当然です。

患者さんからの紹介で通院している家族や友人がいれば、「先日、◯◯さんに◯◯をしてもらい感激しました。」と、話題にしましょう。

患者さんは知らないところでお礼を言われていたと知ると、先生の気持ちがさらに伝わるでしょう。

注意点

1つ注意としては、品物をいただいた場合、友人や知人の場合「先生から金品を要求された」「◯◯さんは品物を渡して下心でもあるんじゃないの?」と、誤解される場合もあるでしょう。

関係性を壊す可能性もあるので注意しましょう。

家族だと問題は無いと思います。

鍼灸師になって良かったと思えるコトに「先生、おかげさまで元気になれました。本当にありがとう!」とお礼を言われ、さらに施術代までいただけます。

こんな職業他にあまり無いと思います。

みなさんも同じ気持ちでは無いですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ぜひ!シェアしてください。

質問もお待ちしております。

お知らせ

技術も不安、経営はもっと不安な鍼灸師の方へ

技術力アップ&経営力アップメルマガを発行中

ご希望の方は下の画像をクリック!

ぷろはりメルマガ募集正方形1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事はお役に立ちましたか?シェアは以下のボタンからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報はこちらで配信中

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です